ドライアイの症状・原因・治し方

ドライアイの症状・原因・治し方

多忙な毎日の中で自分の健康にはなかなか目が向かないところではありますが、中でも仕事にパソコンが欠かせない人は長時間のデスクワークで肩や腰など全身に影響が出てしまいがちです。

特にパソコンと向き合い続ける目は非常にダメージを受けています。近年はパソコンの普及に伴ってドライアイを患う人が急上昇しています。

ドライアイの原因

ドライアイとは、涙の量が不足することで目の表面に傷を負ってしまう病気です。

涙は目の表面を覆って保護する機能があり、涙の量が減少するだけでなく質も悪化するため、その機能を十分に果たすことができないことが大きな原因と考えられています。
つまり、ドライアイは目の病気というよりも涙の病気ともいえるのです。

この原因としてパソコンの普及に加え、近年急速に普及したスマートフォンや猛暑によるエアコンの長時間使用コンタクトレンズ使用者の増加高齢化などが挙げられます。

ドライアイの症状

患者にみられる症状は多岐にわたり、目の乾きのみならず目の疲れや異物感、焦点が合わせづらい、霞んで見える、長時間目を開けていられない、光をみると眩しい、充血している、かゆみなどです。

軽度だとしても何かしらの不快感があるようであれば既に患っている可能性があるので注意が必要です。

ドライアイの治療法

ドライアイは涙や目の慢性疾患であるため、眼科医による適切な治し方を実践しなければなりません。

眼科では症状や生活習慣、目への負担となる作業の頻度・内容、既往歴などの問診をして、検査を受けて診断してもらいます。

視力検査をしたり涙の量を調べたりしますが、特に涙の質を調べるBUT(BreakUpTime)検査は専門的で、涙の量ではなく目を開いてから目の表面の涙の幕が破壊されるまでの時間を測定して診断します。

これらの検査を通してドライアイと診断されたら、点眼液による治療あるいは涙点閉鎖による治療が行われます。

点眼液による治療

点眼液には涙に近い成分である人工涙液とヒアルロン酸ナトリウムを含む角結膜上皮障害治療薬があります。
その他の成分を含む点眼薬もあるため、医師の指示に従って適量を使用して治療を進めます。

涙点閉鎖による治療

この点眼液で効果が見られない場合には、涙点閉鎖と呼ばれる治療が行われます。
涙が出ていく涙点を涙点プラグによって閉じてしまうことで涙が流出するのを抑制し、涙を目の表面にとどまらせることができるのです。

その他の治療

さらなる治療として涙点を縫合してしまうものもありますが、いずれにしても眼科医の適切な判断と施術が必要な治療となります。