口臭対策には歯間ブラシ+糸ようじ+デンタルリンス

口臭の原因は多くは食べかすにあります。
毎食後に歯磨きをしていても、ほとんどの人がきちんと磨けていません。

本来、歯磨きだけでは、お口の汚れを完全に落とすことはできません。
歯と歯の間は隙間が狭く、歯ブラシが入る隙間もありません。歯ブラシでゴシゴシと時間をかけて磨いているつもりになっているだけなのです。

歯ブラシだけでは不十分!?

歯と歯の間にたまった食べかすが原因で口臭の元になりますが、歯と歯の間の掃除に適しているのは、歯間ブラシや糸ようじです。

歯間ブラシ – 歯と歯茎の間はコレ!

歯間ブラシは歯と歯茎の間の割と大きな隙間に入りこむことができますので、簡単にケアできます。
大きな食べかすが結構つまっていることがあるので、一日に一度は歯間ブラシで食べかすを除去することが大切です。

糸ようじ – 歯と歯の間の細かい隙間はコレ!

糸ようじは、歯と歯の間の細かい隙間に適しています。糸ようじにはとても細い糸が何本かセットされている特殊なピックです。
慣れるまで、歯と歯の間に入れるのはコツが要りますが、何度もやるうちに、自分の歯のどの部分に食べかすが溜まりやすいかなどがわかるようになります。
歯ブラシでなかなか手の届きにくい奥歯に食べかすが溜まっていることが多く、臭いの元となります。

舌の汚れも口臭の原因

口臭の原因で食べかすは最大ですが、舌の汚れも大きな要因です。
着色料の多いお菓子やジュースなどを普段よく飲んだり食べたりする方は、舌に苔がついていることが多いです。
正常な綺麗な舌をしていると、本来は真っ赤な色ですが、苔がたくさん付着している舌は白くてざらざらしています。
専用の舌磨きの歯ブラシなどで、定期的に舌を綺麗にすることで、臭いの元を絶つことができます。

デンタルリンス

口臭の予防ですが、毎食後の歯磨きに、歯間ブラシ、そして時間があるときには糸ようじで歯と歯の隙間を徹底的にお掃除することは何度も言いましたが、それらデンタルケアの最後に忘れないでほしいのは、デンタルリンスでうがいをすることです。

各社いろいろな成分や香りの洗口液が販売されていますので、刺激の弱い人は低刺激のものを、強いのが好みの方は、刺激の強いものを選ばれるといいです。

うがいをすると、糸ようじなどで除去できなかった、口の中のあらゆる食べかすやゴミが排出されます。
洗口液は強い液ですので、お子様にはキツイですが、大人の方には威力がバツグンです。

夜寝る前に洗口液でうがいをすると、翌朝の口臭がいつもと全然違います。朝起きたては臭いが結構気になる方もたくさんいると思いますが、朝からフレッシュな息になれます。