膀胱炎の治し方

膀胱炎は、頻尿と排尿時の痛みが主な症状ですが、これらの症状が軽度なものであれば自然治癒も可能です。

しかし、これらの症状に加えて血尿陰部の痛み腹痛発熱などの症状が起こったときは、病院で治療を受けたほうが良いでしょう。

デリケートな部分の病気であるので、病院に行くことに抵抗があり、自然治癒でも完治するのではないかと思い、症状が重くなっても病院に行かずおそのままにしておくと、より症状が重くなり、大きな病気を引き起こすことがあるので注意が必要です。

膀胱炎を確実に治すならすぐ病院へ

病院での膀胱炎の治し方は、まず、問診や尿検査が行われ、膀胱炎であるかどうかの確認を行い、診断されたら抗生物質の処方と生活指導が行われます。

この病気の原因になる主な菌は大腸菌です。その他、ブドウ球菌属、肺炎桿菌属、腸球菌属やクラミジア、マイコプラズマなども原因菌になることがあります。

抗菌薬は、大腸菌に効果的な薬が処方されることが多く、この薬を服用していると症状が治まることがほとんどですが、それぞれに改善しないときは、再度尿検査を行い、別の抗菌薬が処方されることがあります。
また、痛みを伴うときは、鎮痛剤が処方されることもあります。

膀胱炎の治療にはきちんと薬を服用することが大切

治療で最も重要なことは、きちんと薬を服用するということです。
飲み方や期間はしっかり守り服用しなければいけませんし、『食後、水で飲む』などの指示があるときは、必ず指示を守って飲まなければいけません。
薬を飲みときに水を多めに飲むと利尿作用が促進されるので効果的です。
食後に薬を服用すると、胃腸に負担がかからないなど、飲み方には意味があるので、必ず守るようにしましょう。
また、服用途中で症状が治まっても、処方された期間は服用を続けるということも重要です。
途中で服用をやめてしまうと、菌が弱くなっただけの状態で薬の効果がなくなると、菌が息を吹き返し、さらに強い菌になってしまうことがあり、より症状が悪化してしまうことがあるので、処方された期間は必ず服用を続けるようにしましょう。

膀胱炎を繰り返さないためには

膀胱炎は、一度患うと繰り返しやすい病気だと言われています。
再発しないようにするためには、生活習慣を見直すことも大切です。

  • デリケートゾーンの清潔を保つ
  • 性交渉前後は清潔にしておく
  • トレイを我慢しない
  • 休養、睡眠をしっかりとる
  • ストレスをためない

など生活習慣を見直すことで症状の再発を防ぐことができます。
再発が気になる人は、再発しない生活習慣を心掛けておきましょう。