繰り返す膀胱炎の原因と予防法

膀胱炎は文字通り、膀胱が何らかの細菌に感染することで炎症が引き起こされる病気です。

膀胱炎の原因は?

細菌の種類として最も多いのは大腸菌と言われていますが、それ以外にもブドウ球菌や連鎖球菌などが原因になることもあります。

また体力や免疫力が十分であれば、これらに感染しても発症しないこともあります。そして排尿を我慢する癖があったりすると、細菌が排出されなかったり、膀胱の血流低下により膀胱の免疫力低下が引き起こされるので、これも原因のひとつです。

膀胱炎を繰り返す原因は

このような点を踏まえた上で膀胱炎を繰り返す原因を考えてみると、ひとつは細菌に感染しやすい状況が発生していること、もうひとつは膀胱の機能も含めた体力、免疫力が落ちてきていることが考えられます。

細菌に感染しやすい状況

これはたとえば、最初の治療で処方された薬を飲むのを自己判断で止めてしまったとか、飲み終えたからもう大丈夫と判断してしまったことが考えられます。これでは原因菌が完全に死滅しきっていないことも考えられるためです。処方された薬に関しては、必ず医師や薬剤師の指示を仰ぐようにして下さい。

また膀胱周囲の清潔が保たれていないことも考えられます。特に女性は、尿道が男性よりも短く、肛門、膣、尿道口が比較的、集中しているため、それらの細菌に感染しやすいと言えます。ですからその辺りの清潔が保たれていないと、膀胱炎を繰り返してしまうと言うこともあります。

デリケートゾーンは常に清潔に保つようにし、排尿、排便した際には細菌が膀胱に付着するのを防ぐために、前から後ろに向かって清拭をすることも予防法のひとつです。
下着やパンティライナー、生理用ナプキンなどはこまめに交換することも重要です。
入浴の際には、デリケートゾーンをやさしく洗うことも習慣づけて下さい。

体力、免疫力が落ちてきている

次に膀胱機能や体力、免疫力に対してです。付着した細菌を膀胱に感染させないためには、定期的に排尿することが効果的です。

ですから尿意はよほどの時を除いては我慢しないようにして、できるだけ水分をこまめに摂取し、排尿する習慣を持つことが予防法です。膀胱の血流を低下させないためには、下半身を冷やさないことも大切です。

体力や免疫力維持に関しては、栄養バランスのとれた食事を心がけること、規則正しい生活リズムを守ること、またストレスは抱え過ぎないことが効果的です。

ただ繰り返す膀胱炎の中には、細菌感染が理由ではない、原因がいまだにはっきりとしていない間質性膀胱炎である場合もあります。

ですからあまりにも何度も繰り返す、薬を飲んでも症状が改善されないと言う場合には、一度、医療機関に相談することが求められます。