季節の変わり目は「ぜんそく」になりやすい!

季節の変わり目は「ぜんそく」になりやすい!

春や秋の始まりは特に注意が必要です

季節の変わり目は急激な気温の変化や湿度の変化があります。
例えば、夏が終わって秋がくる頃は、朝晩は肌寒く感じても、昼間はまだまだ残暑が厳しく夏日の日もあるでしょう。

健康な人でも体調を崩しやすいのですから、ぜんそくもちの人は特に注意が必要です。
ぜんそくの発作がひどくなる時期の一つが季節の変わり目ですので、ぜんそくを患っている人は特に気をつけて過ごさなければならないでしょう。

特に過ごしやすい秋は実は要注意の季節

暑い夏が終わり、涼しい風が吹き始める秋の始まりは、季節の変わり目でとても気持ちのよい時期でもあります。
しかし朝晩と昼間の急激な気温の変化は、ぜんそくを患っている人にとっては最も注意が必要な時期でもあります。

ぜんそくはアレルギー疾患の一つですので、体に与えるさまざまな影響にとても敏感です。
また乾燥しやすい季節になるので発作の出やすい明け方は、昼間に比べても特に注意が必要となります。

台風やハウスダストが原因かもしれません

秋は季節の変わり目であると同時に、雨や台風が多い時期でもあります。台風が通過すると気圧の変化により気管支にも影響しやすく、台風が近づくと発作が出る人もいますので注意しましょう。

また秋は乾燥しやすい季節になりますので、ハウスダウトやアレルギーを引き起こす植物などの粒子が大気中を舞うと発作が出やすくなる場合もあります。ですから自分の発作の出るパターンをしっておくことも重要だと言えるでしょう。

ぜんそくの発作を予防するためには

ぜんそくの発作を予防するためには、ぜんそくが出ない環境作りが大切です。
明け方に発作が出やすい場合は、体が冷えを感じないように温かくして寝ることが大事ですし、ハウスダストなどが原因となっている場合には、外出時などはマスクの着用などをすることで防げるでしょう。

台風時はぜんそくの予防薬を飲んで発作を抑えることもできますので、天気予報を確認しながら早めの対策が重要となるかもしれません。

季節の変わり目は注意して過ごしましょう

一年のうちでも秋はぜんそくの発作の出やすい時期であると言えます。ですから、自分自身がぜんそくの発作が起きるタイミングや原因を知ることで、発作を予防したり軽い発作ですませることができるでしょう。

また、ぜんそくの発作が起きると呼吸がしづらくなり、患者本人が一番つらいものです。時には死に至ることもある呼吸器系の病気です。ですから周囲の理解がとても大事ですし、発作が起きているときは安静にするように声をかけてあげましょう。