肩こりが原因で乳がんに!?女性が気を付けなければならない病気

肩こりが原因で乳がんに!?女性が気を付けなければならない病気

女性が気を付けなくてはならない乳がん

通常乳がんは40歳を超えてから徐々に増加していきますが、近年では若くても乳がんにり患する女性が多いです。

乳がんは乳房に悪性の腫瘍ができます。自分で発見することのできる唯一の癌で、実際に乳房からしこりを確認することができます。

ですが、乳がんのしこりと乳腺炎によるしこりは見分けがつきにくく、検査によって乳がんとわかることも多いです。予防するには原因を知ることが大切ですが、乳がんの場合人によって原因が異なることが多いです。

女性に多い乳がんはどのような病気か

近年増加傾向にある乳がん。乳がんは乳房の中にある乳腺に悪性のしこりができ、場所としては主に乳房の上部外側にできます。

乳腺は小葉に分かれますが、小葉は乳管によってつながれており、乳管にできたものを乳管がん、小葉にできたものを小葉がんと呼びます。多いのは乳管がんで、90%はこの部分にしこりができます。

他の癌にくらべ進行が遅いので、早期に発見することができれば、治癒する可能性が高いがんでもあります。

乳がんはどうしてなってしまうのか

女性の乳がんは増加していますね。
一般的にがんになるリスクとして初経年齢が早い、出産歴がない、飲酒、肥満、一親等に乳がんになった人がいる、喫煙歴があるといったことがあげられます。

初経年齢や出産歴、肥満が関係しているのは、がんの発生原因が女性ホルモンであるエストロゲンが関与しているためです。

ですが、これらの原因に当てはまらずかかってしまう人も多いので、自分は大丈夫だと安心しないことが大切です。

乳がんと肩こりにつながりがある

この頃なんだか肩が痛い、背中から肩にかけて突っ張った感じがする、ということが続いている場合、乳がんにり患している可能性があります。

乳がんは転移すると、まずセンチネルリンパ節と呼ばれる部分にがん細胞が届き、その後脇のリンパへ流れていきます。リンパ節が腫れると、背中が重苦しくなり、結果として肩こりを生じます。

肩こりの原因が乳がんによる転移、ということはまれですが、全くないわけではありません。肩こりがひどい時は念のため検査を行いましょう。

乳がんの原因は一つではないので注意

一般的に言われている原因の他、ストレスや環境の変化によっても乳がんは発症します。

乳がんはリンパ節に転移しやすく、がんと診断された場合、すでに全身にがん細胞は散らばっている状態になります。
肩こりがひどい場合はリンパ節に転移している可能性もあるので、検査を行うと良いでしょう。

原因にあてはまらないからといって油断しないことが大切です。毎月乳房を触るなどセルフチェックをするようにします。