身に覚えのないアザ!?早めにチェックをおすすめします

身に覚えのないアザ!?早めにチェックをおすすめします

アザは病気のサインのことがあります

皮膚のどこかが色や形に異常が生じていたらそれはアザです。

どこかにぶつけて内出血により青くなることは多いでしょう。青アザです。他のことに夢中になっていたり忙しくしている合間にぶつけた場合はぶつけたことに気づかず青あざができてようやくチェックできるということもありますが、もしかしたらどこにもぶつけていないのにアザができているのかもしれません。

その原因としてはさまざまな病気が考えられます。

覚えのないアザと病気の種類について

覚えのない青あざは紫斑病になって細い血管がもろくなり出血しやすくなっていることが原因かもしれません。

血液の凝固能が高まる播種性血管内凝固症候群にかかっていることもあります。放っておくと体中の血管が詰まり白血病や感染症など危険な病気になるかもしれません。

見に覚えのないアザ以外にも血が止まりにくかったり、歯茎や鼻からの出血・発熱などその他の症状がないかチェックし、早めに病院に行きましょう。

女性は男性よりアザができやすいです

女性の方が男性と比べてアザはできやすいです。

筋肉量の少なさやコラーゲン形成の不十分さが関係します。
ホルモンバランスの崩れによっても毛細血管が切れてアザができることもあります。

体の冷えも血管をもろくしてちょっとした圧力や摩擦でも切れてしまいやすくなります。
美白成分を使ったり日焼け止めを使ったりしてお肌をきれいに保てていたとしてもアザがあると台無しです。適度な運動を習慣にして冷えや筋肉不足を解消しましょう。

青あざを早く治すための方法とは

もしも青あざが出来たら、とにかく血行の流れを良くしてやりましょう。

馬油クリームや内出血用の軟膏を塗ってラップで覆っておくといつもよりも早く正常なお肌に回復するのでやってみましょう。
爪楊枝を束ねたものでトントン叩くことで熱を逃して血行を良くするという方法もあります

女性に多い症状だけに女性ならでは、BBクリームやコンシーラー・ファンデーションなど化粧品で隠すという方法もおすすめです。”

見に覚えのないアザ、病気のチェック法とは

ただの青アザであれば放っておいても数日経てば自然に治癒していきます。もしも覚えのないアザを見つけたら数日たって薄れてきているかどうかチェックしましょう。

特に危険な病気・白血病は青あざが色目が濃く、何週間過ぎても治らず更に増えていくのでわかりやすいです。特に自覚症状がない病気だけに、アザの様子でチェックするしかないです。

血液のガンとも呼ばれ、早期治療を行なわないと危険です。