アレルギー性鼻炎の薬について(市販薬や漢方)

1年を通して鼻水や鼻づまりそしてくしゃみといった症状が止まらない状態のことをアレルギー性鼻炎と言います。

アレルギー性鼻炎の原因

人間が呼吸をする際に口からではなく基本は鼻から吸引することになります。ただ空気中には様々な粒子が含まれているため、そのまま粒子を吸引すると蓄積して害となってしまうためその前に鼻の奥にある繊毛と呼ばれる部分で箒のように払い落します。

しかし春の花粉の時期のように空気中の粒子の量が多くなり鼻の奥にある繊毛での排泄力が追い付かなくなると、さらにその奥の粘膜部分に吸着します。粘膜に吸着すると体の外から有害物質が入ってきたことを悟った脳が指令を出し、粘膜に吸着している物質に対して抗体が攻撃を開始します。

この抗体が攻撃をすることによって害となる前に無害化されますが、ただ抗体が攻撃をすると鼻の奥の組織を攻撃してしまうので鼻づまりや鼻水そしてくしゃみとして排出されます。

通常であれば有害物質が無くなれば抗体の活動も抑えられますが、まれに体の健康状態が悪いと抗体の活動が止まずに活動を続けてしまうことがあります。その状態になると本来害のない粒子にまで攻撃をしてしまうため、先に言った1年を通して鼻水鼻づまりそしてくしゃみといった症状が止まらない状態になってしまいます。

アレルギー性鼻炎対策

アレルギー性鼻炎を治すためには体に備わっている抗体活動を抑えてくれる物質が活動しやすいように体質改善をすることが一番なのですが、学業や仕事などで体質改善させる時間がない時には無理をせず市販薬や漢方を使うことが良いです。

市販薬について

アレルギー性鼻炎を抑える市販薬には抗ヒスタミン剤が入っている薬を使うことになり、抗ヒスタミン剤は先に言ったアレルギーの原因である脳から後退への信号を抑えることによって一時的に症状を緩和させるものです。

抗ヒスタミン剤の副作用

ただ抗ヒスタミン剤は効果が強い半面強い睡眠効果という副作用があるため、市販薬を服用するときには睡眠効果が薄いタイプか服用するときには寝る前に飲むことが良いです。

漢方薬のについて

漢方薬の場合には逆に指令を強引に抑えるのではなく、元々体に備わっている抗体の活動を押される物質の分泌を促すことを考えています。

そのため漢方薬では初期段階では熱を奪う水分の放出を促す小青竜湯を飲み、次の段階である鼻づまりや濃い鼻水にまで移行した時には血行を促進する葛根湯加川芎辛夷と荊芥連翹湯を飲むことになります。

漢方薬を使うメリット

漢方薬の場合のメリットは市販薬と違い眠気に襲われることがないことですが、ただ効き目は個人差があるため自身に合った物を選ぶことが大事になります。