夜になると咳が止まらない原因と対処法!考えられる病気は?

夜になると咳が止まらない原因と対処法!考えられる病気は?

風邪をひいた場合や呼吸器の病気にかかった際に咳が出るのは一般的ですが、実はそれ以外の臓器の病気季節の変わり目などでも咳が続くことがあるとされています。

雨が続いているときや気温の温度差が激しい季節の変わり目は体調を崩しやすく、風邪をひいたり咳が止まらない状態になって夜眠れなくなること多くなります。

こういった咳は腹筋や胸の筋肉にまで影響を及ぼしたり咳が原因によって眠れなくなり睡眠不足となることも少なくありません。

夜に限らず昼間でも出ることが多く、また一度せき込んでしまうとなかなか止めることができないのでミーティングや話の最中に咳き込んで止まらなくなることもあります。

そして、こういった状態が1か月以上続くこともあるとされていますが、その原因はどんなことが考えられるのでしょうか。

原因

実はこういった咳はのどが原因で起こると言うよりも気管支や咽頭が炎症を起こしてしまっている可能性が高く、気温の変化や雨、季節の変わり目というのは咽頭や気管支にまで影響を及ぼすとされているのです。

最初はただの風邪でのどが腫れているだけだったのに、それが咽頭や気管支にまで炎症を広げることで咳が止まらない状態になったり夜に咳がひどくなってしまうことがあるとされています。

咽頭や気管支が弱まっていることで咳がひどい場合、気管支はどのような状態になっているのかというと、気管支の粘膜が炎症を起こしてむくんでいる状態であり非常に過敏な状態であることからちょっとした気温の変化や話の最中などに咳が止まらない状態を引き起こしてしまうのです。

このような状態になってしまう原因としては、気管支喘息が原因で発症することが多いとされておりアレルギー性気管支炎過敏性気管支炎と呼ぶ状態と言えます。

また、大人だけに限らず子供も発症しやすい症状でもありますので、咳が長引いていると感じたらただの風邪と判断しない方が良いと言えるでしょう。

対処法

では、咳が止まらない状態にならないようにする対処法としてどんなことが良いのでしょうか。

この症状は風邪の席ではなくアレルギー性気管支炎や気管支喘息の薬では解消しないことが考えられますので、気管支の炎症を抑えてむくみを改善する治療を行うのが良いと言えるでしょう。

自己判断で咳止めなどの薬を服用してもいたずらに咳を長引かせてしまうことにもなりかねませんので、おかしいなと感じたらすぐに医療機関に足を運ぶように心がけましょう