胃が痛い!胃痛の原因と改善方法

仕事などで忙しく知らないうちに胃に負担をかけているという人もいるでしょう。
胃というのは食べ物を貯蔵、消化、吸収してくれる大切な期間であり、生活習慣によっては胃が痛いなどのトラブルが起きてしまうこともあるのです。

胃痛の原因は?

胃が荒れる原因は暴飲暴食や喫煙、寝不足、アルコールの過剰摂取、薬の摂取、ストレスなどさまざまなものが挙げられます。

アルコール

アルコール度数の高いものをストレートで飲んでしまうと胃の粘膜を直撃してしまいます。アルコールは適量なら消化を助ける働きがありますが、飲み過ぎると胃を強く刺激してしまうので注意しましょう。

くすり

薬を水なしで飲んだ場合も胃の粘膜を刺激してしまうため、水と一緒に飲むようにしましょう。
胃が荒れると急性胃炎が起きてしまいますし、さらに症状が進むと胃に穴があいてしまうこともあります。

空腹

空腹時の胃痛や胸やけ、吐き気、食欲不振、出血などが主な症状とされています。

たばこ

たばこは胃の粘膜の血流を低下させてしまいますし、胃酸の分泌を促進して胃への負担が大きくなります。

胃痛の改善方法

バランスの取れた食生活

胃の症状を改善するためにはまず、バランスの取れた食生活を送ることが大切です。
胃の荒れの予防には規則正しい食事をすることが基本であり、朝食を抜いたり夜中に食事を摂ったりするのはよくありません。
長く胃を空っぽにすると胃液だけが分泌されて胃の粘膜が荒れてしまうため、毎食決まった時間に食べるようにしましょう。

ストレス解消

胃が荒れやすい場合はストレスをしっかりと解消し、十分に睡眠を取ることが大切です。
胃の病気は乱れた生活習慣が原因となることが多いため、すぐに胃が荒れる人は普段の生活にも気を付けましょう。
現代社会でストレスを避けるのは難しいことなのですが、ストレスを上手く解消するための方法を知っておくことが大切です。
特に短気な人は胃炎などにかかってしまうことも多いため、嫌なことがあってもなるべくその日のうちに忘れるようにしましょう。

睡眠不足解消

また、睡眠不足も胃が荒れる原因となりますし、十分な睡眠を取るようにすることが大切です。

便秘解消

便秘は食欲不振の原因となりますし、病気の原因となってしまうこともあります。
食物繊維は便秘解消に良いとされていますが、食物繊維をたくさん摂り過ぎると胃にかかる負担が大きくなってしまうため、毎日適量を摂取するようにしましょう。
また、胃が荒れている時は、硬いものや脂っこいもの、甘いものは消化しにくいので避けた方が無難です。