ニキビ跡のパターンを知ってキレイに治そう!

ニキビ跡のパターンを知ってキレイに治そう!

ニキビ跡ができる理由とパターン

ニキビは跡に残るものと残らないものがありますが、炎症がひどいほど跡に残りやすくなります。

これは、炎症が悪化するほど、肌の奥にまでダメージが及ぶからです。
特に赤みを帯びたニキビや膿を持ったニキビは跡に残る傾向があります。

ニキビ跡は、赤みが残るパターン、色素沈着が残るパターン、クレーターが残るパターンの3つに分けることができます。ニキビ跡をキレイにするには時間がかかりますが、パターンに合わせてケアすることで改善が期待できます。

赤みが残るニキビ跡をキレイに治すケア方法

炎症を起こした肌の内部では、毛細血管の働きが活発になり、その様子が透けて見えるため、皮膚が赤くなっているように見えます。
炎症がひどい場合は、ニキビが治っても赤みだけは残ってしまうため、ニキビ跡が目立ちます。

自宅でのケアでは、ビタミンC誘導体のイオン導入が効果的です。
早くキレイにするには、皮膚科でケミカルピーリングやレーザーピーリング、フォトフェイシャルを用いた治療を受けるのがおすすめです。

色素沈着が残るニキビ跡のケア方法

ニキビ跡が茶色くシミのように残るのは、メラニンが原因です。

炎症を起こすと、肌は防御作用によってメラニンを生成します。
肌のターンオーバーが整っているとメラニンは排出されますが、肌が荒れているとメラニンは蓄積され、色素沈着として肌に残ります。日焼けすると悪化するので、紫外線対策は必須です。

日常のスキンケアは、ビタミンC誘導体配合の美白化粧品がおすすめです。
皮膚科ではピーリング治療の他、ハイドロキノン配合のクリームで改善に導きます。

クレーターが残るニキビ跡のケア方法

表皮がボコボコとした状態になったニキビ跡は、ダメージが真皮にまで及んでいるため、セルフケアだけではキレイに治すことはできません。皮膚科では、肌の状態に合わせて治療法が選ばれます。

主な治療には、ピーリング、レチノイン酸の塗り薬、レーザー治療などがあり、時間をかけて取り組みことでキレイに治ることが期待できます。

ただし、保険が適用されないため、費用が高額になります。カウンセリングを受けて、信頼できるクリニックを選ぶようにしましょう。

適切なケアを行うことがキレイに治す秘訣

ニキビ跡には種類があり、赤みが残るパターン、色素沈着が残るパターン、クレーターが残るパターンに分けられます。

これらのニキビ跡をキレイに治す秘訣は、それぞれのパターンに応じたケアを行うことです。

基本的なセルフケアに加え、早くキレイな肌にするには皮膚科の治療が効果を発揮します。ただし、自由診療のため、費用がかかります。

信頼できるクリニックを選ぶためには、いくつかのクリニックでカウンセリングを受けたうえで決定するようにしましょう。