ほうれい線が目立たなくなる毎日出来る”顔ストレッチ”

ほうれい線が目立たなくなる毎日出来る”顔ストレッチ”

「あれ?老けた?」が怖い、ほうれい線

口元と頬の間にうっすら線が入り始めたら危険信号。顔に老いを感じる要素の第一位がこのほうれい線です。30代をすぎたあたりから気になりだすものでしたが、最近は20代前半の方でもほうれい線に悩む方が増え始めています。

くっきりと線ができてしまう前に、今すぐ鏡の前でチェック!「うっすら線が入ってない…?」という段階からきちんと予防や対策を行うことが大切なんです。

ここではほうれい線の原因と対処法・顔ストレッチ法をご紹介していきます。

ほうれい線ができる原因をチェック

ほうれい線は、紫外線乾燥によるもの、加齢による肌のたるみが主な原因となっていますが、ストレスや睡眠不足、暴飲暴食など普段の不規則で身体の健康上良くない生活習慣も原因のひとつとなります。

加齢に関しては置いておくとして、パソコン作業・デスクワークが多く猫背になっていたり、表情筋をあまり使わないなど、時間や遺伝といった抗いがたいもの以外で改善できる箇所はたくさんあります。今すぐ悔い改めましょう。

時間の流れを取り戻せ!顔ストレッチの効果

しかし、生活習慣が与える影響に関して触れましたが、一番の要因は加齢による頬の筋肉の衰え。肌細胞を支える筋肉が衰えて、肌がたるんで口元の溝が生まれてしまうのです。

しかし、顔ストレッチ・エクササイズにより頬の筋肉を強化することは可能です。ぜひ実行してみてください。

ちなみに、顔ストレッチ以外でも、背筋を伸ばし姿勢をよくすることで、首より上の血行が良くなり肌の張りが戻ります。また、食事の際によく噛む、おしゃべりをすることで筋肉は戻ります。

ほうれい線に効く、簡単ベロ回し

まず口を閉じ、舌を左頬につけます。次は唇の上あたり、次は右頬、最後に下唇の下に潜らせます。

つまり、口の中で下をグルグル回すのです。
この右回しを20回、反対の左回しも20回。これを一日3セット、毎日続けるだけです。

最初は舌が痛かったりあごが疲れたりするので、1セットでも構いません。慣れてきたら徐々に増やしましょう。これを毎日、1週間も続ければ少しずつ効果が現れてくるはずです!

ほうれい線だけではない、さまざまな効能

実はこのベロ回し、効果があるのはほうれい線だけではありません。

毎日続けることにより、唾液腺が刺激され、免疫力の向上や口臭の改善といった効果や、肌の張り、目の下のクマの解消などさまざまな効能があります。

最初の1~2日は大変ですが、顔ストレッチを毎日続けていると徐々に慣れてきて簡単に100回以上できるようになります。ぜひ毎日忘れず続けて、ほうれい線の予防・解消にチャレンジして、若返りましょう!