理想体温を保てば免疫力が上がる!冷え知らずは健康美人!

身体の不調を改善する免疫力をつける方法

冷え知らずは健康・美容にメリットが多い

私たち人間の平均的な体温については36.8度と言われていますが、体温が36度を下回る低体温症になってしまうと代謝が低下して太りやすくなったり、肌荒れや便秘など様々な健康トラブルを引き起こす原因となってしまいます。

また、体温が1度低くなるだけでも免疫力が3割程度落ち込むと言われているので、低体温症の方は病気にかかりやすい状態ですし、低体温症は老ける原因になるとも言われているので、理想体温キープで健康美人になりそれらを防ぐ事が大切です。

理想体温キープで免疫力がアップする

体温が1度低下する事で免疫力が30%程度ダウンすると言われていますが、一方で体温が1度上がる事で免疫力が5倍から6倍になるとも言われています。

免疫力が下がる原因は体温が下がって血行が悪くなる事で、体内に侵入した異物を退治する白血球をスムーズに集結させる事ができないからであって、白血球をスムーズに異物のもとに集めるための理想的な体温は36.5度以上だと言われています。

そのため、理想体温キープが免疫力を正常に保ち健康美人へとつながるのです。

低体温症は美容面でもマイナスになる

理想体温は36.5度以上だと言われていますが、体温が1度下がると基礎代謝が12%近くも低下してしまうので、様々な体の不調を引き起こす原因となりますが、基礎代謝が低下すると1日の消費カロリーも低下して太りやすい体になるので、年齢を重ねる度に若々しい体を保つのがさらに難しくなります。

また、低体温症は代謝が低下して肌のターンオーバーも正常に行われなくなるので、ニキビ・肌荒れ・シワ・シミなどの肌トラブルも起こりやすくなり美容面でもマイナスです。

理想体温をキープする方法について

理想体温をキープして健康美人になるためには体温を一時的にでも上げる事が効果的ですから、シャワーで済ませずじっくりお風呂に浸かる事、できれば半身浴で20分以上お風呂に浸かるようにしたり、最近流行りの岩盤浴なども体の芯から温まるので理想体温のキープに効果的です。

また、食事面では体を冷やす夏の果物は控えて体を温める作用がある黒酢やショウガなどといった食本を摂取すると良いですし、適度な運動やツボ刺激なども理想体温キープに効果的です。

理想体温を保ち健康的で若々しい体作り

健康美人になるためには様々な体の不調を引き起こす低体温症を防ぐ事が重要です。
低体温症は代謝が低下しては免疫力がダウンするので病気にかかりやすく美容面でもマイナスなので、理想体温をキープして冷え知らずの体作りをする工夫が必要です。

食事面では身体を温める作用がある食品を食べるように心がけたり、お風呂にじっくり浸かり適度な運動なども行う事で体温を一時的に上げる事が効果的ですから、こういった対策で理想体温を保ち健康美人を目指しましょう。