今から始める!寒さ対策を万全にする冬の健康管理法!

今から始める!寒さ対策を万全にする冬の健康管理法!

冬の健康管理には寒さ対策が有効

冬になると体調を崩す人も少なくありません。気温の低い日が続くことで、血行が悪くなることが原因です。

いつも温かくすることは快適であるだけでなく、元気を保つ秘訣でもあります。冬は束の間だと考えて、十分な寒さ対策をしないなら体調を壊すこともあります。

寒さにより、免疫力も弱まります。体調を崩すと暖房の温度を上げても寒いと感じます。温かくするためには、外からと中からのアプローチが必要です。

部屋の寒さ対策を完璧にする方法

寒さを感じるのは動いていないときです。家にいるときが一番寒いと感じます。

暖房があったとしても、一工夫することで一層温かく過ごすことができます。一つの方法は窓に厚手のカーテンをすることです。

窓から冷気が入ってくることを防ぐためです。段ボールや発泡スチロールのボードを窓に立てかけるなら、冷気をシャットダウンできます。

窓にビニールを張る方法も効果的です。
隙間から冷たい空気が入ってくるのを防ぎましょう。

冬はシャワーだけでなく湯船につかる

シャワーは手っ取り早いため、冬でも湯船につからない人がいます。体は一日の後の疲れに加えて、冷えて冷たくなっています。

低温のまま過ごすことは、体に大きなダメージを与えます。湯船にゆっくりと浸かることで、温めることができます。

熱いお湯に短時間入るのではなく、ぬるいお湯にゆっくり入ることが利用です。お風呂から上がったら、隅々までよくふき取ります。

髪を良く乾かさないと、せっかく温まったからだが冷えてしまいます。

運動を行って体温を上げる対策法

静止していると、余計に寒く感じます。軽い運動をすることで、血流が良くなり温かくなります。ラジオ体操やその場でのウォーキングも効果的です。

寒いからといって、縮こまっていると血行が悪くなり余計に寒くなります。一日の間、一度でも体を動かし体温を上げるようにしましょう。

運動を兼ねて掃除や家事をするなら一石二鳥です。床をワックスで磨く、洗車をすることはカロリーを消費することができます。

寒さに強い体質に改善することで乗り切る

同じ温度でも人によって、寒さに対する反応は異なります。一般的にやせ型の人の方が寒さに弱いと言えます。逆にある程度の体形の人は寒さに強く薄着でも平気です。

動物が冬は太って寒さ対策をすることは道理にかなっています。脂肪は寒さを感じにくくするからです。冬に数キロ太ることも一つの対策です。

数キロなら見た目はほとんど変わりません。体重のほかに、体を温める食物をとることでも寒さに強い体質に改善できます。