「20分前チョコレート」が実は肥満を予防する!?

「20分前チョコレート」が実は肥満を予防する!?

食前のチョコレート!肥満の防止?!

お腹がすき過ぎていたり、食事の時間が空き過ぎると、お腹が減って食べすぎてしまう人の多いのではないでしょうか。

食べ過ぎを防止するためには、食前にチョコレートを食べることで、からっぽの胃の空腹を満たしてくれて、肥満を防止できます。

ドカ食いしてしまうのは、お腹がすき過ぎているからで、食前20分前に、チョコレートを食べることで、満腹中枢を刺激してくれるので、肥満予防になります。

糖の吸収を穏やかにしてくれる!

チョコレートには、ポリフェノールが豊富に含まれているので、食前に食べることで、糖の上昇を穏やかにしてくれる働きがあると言われています。

特にカカオ70%以上のチョコレートは、糖の吸収を抑えてくれる働きがあるので、食前20分前に食べることで、肥満を予防できます。

糖が急激に上がると糖尿病にもつながり、肥満の人は、チョコレートを食べることで、肥満の予防にもつながるので、習慣にすると良いでしょう。

食べ過ぎを防いで肥満を防止する

イライラや、空腹が続くと、ドカ食いをしている人も多いです。

食前20分前にチョコレートを取ることで、気分を落ち着かせて、食べ過ぎを予防してくれるので、チョコレートは効果的です。

特に夕食に食べ過ぎる人は、食前に1個から2個のチョコレートを、ゆっくり味わいながら食べることで、空腹を満たしてくれるので、肥満の予防につながります。

ドカ食いしやすい人、ストレスが溜まっている場合は、食前のチョコレートを心がけましょう。

脳をリラックスさせてくれる効果

チョコレートにはポリフェノールが豊富に含まれていて、脳をリラックスさせてくれる効果が期待できます。

カカオ成分が高いほど、効果があり、心を落ち着けてくれます。

チョコレートを食事20分前にとることで、満腹感を感じ、脳をリラックスさせて、落ち着いた気分になるので、食べ過ぎを予防してくれます。

突然空腹に食べるよりも、チョコレートを食前に食べることで、胃への負担も少なくなるので、肥満を予防してくれる効果がります。

食べ過ぎを防止!生活習慣病を防ぐ!

仕事で食べる時間がなかったり、食生活が乱れがちな人は、空腹になり、ストレスやイライラで、つい食べ過ぎてしまう傾向が高いと言われています。

空腹な状態で、急に食べると、血糖値が高くなり、食べ過ぎて肥満にもつながります。

食前のチョコレートは、糖の上昇を穏やかにしてくれて、脳をリラックスさせてくれる効果があるので、食べ過ぎ防止につながります。

食事時間が不規則な人は、食前にチョコレートを食べることで肥満を防止できます。