「美肌=睡眠」寝るとき真っ暗にした方が良い理由

自宅で出来る簡単手作りパックの作り方

美肌にはとにかく睡眠が大切なんです。

美肌を作るには、部屋を真っ暗にして眠ることが大切です。その理由は、質の良い睡眠をとることで、美容にとても有効なホルモンであるメラトニンが分泌されるからなのです。

最近はストレスやライフスタイルの変化などによって夜眠れない人や、睡眠不足に陥る人も多いですが、睡眠に勝るスキンケアはありません。

美肌を維持したい人、美肌になりたい人は、しっかりと眠ってメラトニンを分泌させましょう。

美肌のためにメラトニンを分泌させよう。

睡眠中は、成長ホルモンが分泌されています。お肌のターンオーバーの促進や、脂肪の分解などの美容によいホルモンで、睡眠のゴールデンタイムと呼ばれている22時から2時の間に、より多く分泌されています。美肌のためには、この時間に睡眠をとることが大切です。

人は様々なホルモンを分泌させますが、若返りのホルモンといわれているのがメラトニンです。メラトニンが分泌することによって人は眠くなります。つまり、美肌のためにはメラトニンの分泌させれば良いのです。

部屋を真っ暗にして眠りましょう。

メラトニンは、ただ眠るだけでは分泌されません。メラトニンは夜21時くらいから分泌が始まりますが、強い光があたると分泌を抑制してしまう性質があります。つまり、うとうととテレビなどを見ながら眠っても、分泌しません。

メラトニンを分泌させるには部屋を真っ暗にして眠ることが大切なんです。
また、明るい照明をつけた部屋に長時間いることでも、メラトニンの分泌量が抑制されてしまいます。

夜は、間接照明などで光のトーンを下げるなどの工夫をするといいでしょう。

美肌のために、朝起きたら日光を見よう。

夜は真っ暗な部屋で眠ることが大切ですが、反対に朝は太陽の光を浴びるようにしましょう。朝日を浴びることでメラトニンの分泌が止まり、その後14~16時間後にメラトニンが自然に分泌するにようなります。

この時に、しっかりと朝日を浴びることでメラトニンの分泌がしっかりと再開するようになります。

メラトニンの分泌が止まると、目もぱっちりと覚めて、頭も冴えます。1日がすがすがしく始まりますよ。

質のよい睡眠をとることが大切です。

美肌や若返りのためにとても大切なホルモンであるメラトニンは、質のよい睡眠をとることで分泌されます。特に多く分泌させたいならば、夜は部屋を真っ暗にして眠り、朝は太陽の光を浴びるようにしましょう。

このメラトニンは、夜に強い光を浴びることで分泌が抑制されてしまうため、夜は就寝前から照明やテレビ、携帯電話などの強い光を出すものを見ないようにすると良いでしょう。

美肌は一日にしてならず。日々、良い睡眠をとることが大切です。