洋食にも使える!豆乳・豆腐レシピ

洋食にも使える!豆乳・豆腐レシピ

豆乳や豆腐でたんぱく質をしっかり吸収する

豆乳や豆腐は和食のイメージがあり特に豆腐と言えば冷ややっこや水炊きなど和食が真っ先に思い浮かびます。豆乳は豆乳ココアなどの飲み物のイメージしかありません。

しかし、今では食材に和食や洋食の区別がなくなってきています。インターネットで豆乳や豆腐と入力すれば迷うほどの数のレシピが見つかります。

本屋さんに行けばレシピ本があふれています。豆乳や豆腐は肉や魚と同じたんぱく質が豊富なのでダイエット食として注目されています。

豆乳を使ったカボチャのポタージュ

さて、ここでは豆乳や豆腐を使った洋食のレシピを紹介していきます。

まずは、牛乳の代わりに豆乳を使った野菜スープです。

材料は玉ねぎ2分の1個、カボチャ2分の1、塩、豆乳です。

  1. まず、玉ねぎはスライスし、カボチャはラップして電子レンジで加熱して柔らかくしておきます。
  2. 鍋に玉ねぎ、カボチャ、塩を入れてやさいがかぶるくらい水を入れます。
  3. 火が通ったら豆乳を入れてミキサーで攪拌して好みの味付けをして出来上がりです。

豆腐を使ったハンバーグのレシピ

次に、豆腐ハンバーグのレシピをご紹介します。

  1. 豆腐はしっかり水を切ります。
  2. 水切りができていないと柔らかすぎて形にならないので注意します。
  3. 玉ねぎ、ピーマン、ニンジンはみじん切りをして塩コショウで炒めます。
  4. よく冷めたらボールにひき肉と豆腐と炒めた野菜と卵一個とパン粉と豆乳少々とケチャップを入れて粘りが出るまで混ぜて俵型にして熱く熱したフライパンで焼きます。
  5. ケチャップやソースをかけて召し上がります。

キノコの豆乳カルボナーラのレシピ

最後にキノコの豆乳カルボナーラのレシピをご紹介します。

  1. パスタはアルデンテにゆでておきます。
  2. しめじやエリンギやえのきなどお好みのキノコは食べやすい大きさに切ります。
  3. 玉ねぎとべーコンは薄くスライスします。
  4. フライパンにオリーブオイルを入れて熱し野菜とベーコンを炒め塩コショウします。
  5. 豆乳を入れてパスタを入れて味を見て塩コショウし、火を止めてから卵を落とし入れてよく混ぜます。
  6. お好みでパルメザンチーズをかけるとなおよいです。

今や豆乳や豆腐は洋食レシピの代表

いかがでしたか?

先ほど紹介したレシピはほんの一部で簡単にできる洋食系をご紹介しました。

わざわざ野菜を買いそろえなくても家にあるもので代用しても美味しく出来上がります。

今は洋食ブームで健康に関心のある方が増えていますので高たんぱく低カロリーの豆乳や豆腐はスーパーで大変よく売れています。

特に豆乳は高カロリーな牛乳の代用品になっています。また、牛乳アレルギーのある人は積極的に飲んでいます。ぜひ挑戦してみてください。