”腸は第二の脳みそ”乳酸菌による健康管理は大事!

”腸は第二の脳みそ”乳酸菌による健康管理は大事!

腸が第二の脳みそと言われる理由って?

腸は第二の脳みそとも呼ばれていますが、日常生活ではそんなに凄い役割を果たしているとは思えません。

しかし人間の免疫機能の約7割が集中し、脳内で働く幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンの生成は腸で行われています。

さらにあらゆる指令は脳から出されていると思っている人も多いのですが、唯一腸は脳に対して指令を出すことが出来る臓器なのです。
研究者の中には”中枢神経の本体は脳ではなく腸だ”というほどの力を秘めているのです。

免疫機能は身体を守るために重要

ウイルスや細菌が体内に侵入してくると、まず免疫細胞が撃退を行います。感染症はひどい場合には命を奪うほどのものもあるため、免疫機能は命を守るための重要なものです。

しかしできたばかりの免疫細胞はまだ役に立たないためウイルスや細菌を倒す訓練を行う必要があります。訓練を行うためには腸の中の乳酸菌を増やす必要があります。

乳酸菌が腸の中の善玉菌を増やし、免疫細胞の訓練相手となるためです。

腸の中の善玉菌と悪玉菌ってどんなもの?

腸の中には善玉菌と悪玉菌が住んでいますが腸の中にしか生息できないため日夜勢力争いを繰り広げています。

腸内環境が良くなれば善玉菌の生息域が拡大し、免疫細胞の訓練相手となって免疫機能を活発化させたり、生きていくために欠かせないビタミンの合成も行います。

逆に悪玉菌が優勢になると、有害物質を作って身体中にその物質が吸収されてしまい体調不良や肌荒れなどを引き起こしてしまいます。

善玉菌を増やすのに乳酸菌が有効なわけ

乳酸菌や食べ物やサプリから摂取するとそのほとんどは胃液などで死滅してしまいます。
しかしその死骸に含まれている成分が善玉菌のエサになって勢力拡大の手助けをするのです。

また生きたまま腸にたどり着いた乳酸菌は腸内の糖分を使って乳酸を作り出し、腸内の環境を弱酸性にして善玉菌が活動しやすく悪玉菌が活動しにくい環境を作ることで腸内の環境を整え、健康に大きな役割をはたしてくれるのです。

善玉菌を増やすことが健康に繋がる

第二の脳と言われているほど重要な部分でありながら腸は便秘や下痢ではない限りあまり目を向ける人は少ない場所ですが、私たちには見えないところで毎日生きていくうえでとても重大な役割を果たしてくれている臓器です。

食事の中に積極的に乳酸菌をとりいれることで腸の中の善玉菌の数を増やすことが出来れば、病気に負けない身体と幸せでストレスに強い精神を手に入れることが出来るようになります。