ペットから移ってしまう病気について

ペットから移ってしまう病気について

大切なペットでも注意が必要です

近年では多くの方達がペットを飼っている程に、テレビや雑誌などでも動物の特集が注目しているほどに人気です。

およそ、3割の方がペットを飼っている現代は、子供の様に可愛がり家族の一員としてとても可愛がっている方達が多いです。

知らないうちにペットから病気が移ってしまわない様にする為にも、ペットから移ってしまう病気を知る事で大切なペットと健康な快適な生活が出来る様に正しい知識を守る事も大切な事です。

ペットから病気が移ってしまう感染症

可愛いペットだけらといって、ペットに触った後に手を洗わなかったり、同じ布団で一緒に寝たり食事の時にはお箸やスプーンなどから直接ペットに食べ物をあげたり、人間と動物との接触が近いことで人間に病気が移ってしまう事があります。

動物由来感染症は、動物から人間に感染する病気です。多くの家庭がペットを飼っている中、感染症にかかってしまう方達が増えている状況でもあり注意が必要です。

ペットから感染する感染経路について

動物由来感染症に予防のために必要な注意を払う事は、飼い主側の責任と義務付けられています。

ペットと共存し、飼い主と家族が幸せな生活を送るためにも病気や感染経路や症状に注意をし、感染拡大の防止に努める事が大切です。

狂犬病や鳥インフルエンザなどと身近に様々な感染症があるため、普段の生活の中でも注意をする事で感染症やその他の病気を防ぐ事ができます。
糞に含まれる病原体が体の中に入らないように注意が必要です。

ペットのケアや予防する事も大切です

ペットは可愛い家族の1員でもありますが、人間のように接する事で様々な病気を発症してまう原因にもなるため、節度を持って接する事がペットと飼い主のためになります。

常日頃から健康管理のために動物病院を利用し、ペットの様子がおかしいと思った時には早めにかかりつけの動物病院に相談や受診を心がける事で、ペットも人間も病気になる予防を効果的に行う事が期待できます。しっかりとペットをケアする事が大切です。

動物の為にも飼い主がケアする事が大切です

人間と動物が共存するためにも、動物から病気が人間に移ってしまう事がないように感染症などを防ぎながら、適度な接し方を守る事が必要になります。

感染症などが移ってしまう事がないように動物とキスをする、動物が食べた物を人間も食べるなどと動物の唾液などがついた物を食べない様にする事が大切です。

人間も動物も健康的な毎日を過ごすにも、距離を保ちながら接する事で人間にも動物にも健康に過ごす事が出来ます。