筋肉痛の原因とできるだけ早い治し方

運動をすることで、筋力を使います。激しいスポーツをした後は、それが原因で筋肉が張り、次の日には筋肉痛になってしまうこともあるでしょう。

筋肉痛の原因はわかっていない!?

筋肉を酷使することで、筋繊維へダメージになり、その筋繊維を修復する際に痛みがでるのではないかといわれていますが、筋肉痛に関してのメカニズムははっきりとしたことはわかっていないのが現状です。

筋肉痛の治し方(痛みがでたら)

筋肉痛の治し方としては、炎症など痛みが出ている状態では、ある程度冷やすことが大切です。筋肉が炎症を起こしていると考えられるため、その炎症を抑えるために、適度に冷やすようにしましょう。

痛みがある程度改善したら、今度は逆に温めるといいでしょう。筋肉の疲労を取るため、お風呂などに入って血行をよくすること、またお風呂で体を温めながら、軽くマッサージをするのも筋肉痛から早く回復することに期待がもてます。

筋肉痛の治し方(痛みがひいたら)

また、痛みがある程度ひいた状態になったら、軽く運動をすることも大切です。痛みがあると、その部位をあまり動かしたり、使わずにいることで筋肉などが固くなってしまいます。そのような状態だと血流が悪化してしまうこともあり、できるだけ適度にほぐすことも大切です。

軽い運動やストレッチなどをしてみるといいでしょう。
ストレッチをする時はあまり無理しないように、ゆっくりと筋を伸ばすようにしていくようにしましょう。
軽い運動をする場合には、あまり筋肉に負担がいかないように、ウォーキングなどがおすすめです。

早く筋肉痛を治したいなら栄養と睡眠!

その他にも、回復を早めたいなら、食事で栄養をしっかりと摂ることも大切です。偏りのないバランスのよい食事をして、栄養が不足しないようにすることが重要です。

筋肉痛としてだけでなく、自身の健康を維持する意味でも食事で体に必要な栄養を補うことが大切なことだといえるでしょう。

その他にも、睡眠をしっかりと取ることも大切です。運動をすることで疲労も溜まります。疲労をしっかりと改善するためには、睡眠は欠かせません。生活リズムをしっかりと整え、睡眠をきちんととれる生活をするように心がけましょう。

筋肉痛の予防には日頃の運動が大切!

筋肉を痛めないための予防として、日頃から軽い運動やストレッチなどを行うようにしましょう。

運動不足でスポーツなどをいきなりしてしまうと、筋を痛めてしまったり、肉離れなどを起こしてしまうこともあります。

また、ストレッチを行うことで、体に柔軟性を与えることで、ケガなどしにくい、また筋肉を痛めないためにも、日々ストレッチで体をやわらかく保つことも大切です。