眼精疲労の原因と症状

目の疲れがなかなかとれない、寝ても次の日も目が痛い、ちょっと目の奥が重い感じがするなど、目の疲れがなかなか取れず、寝てもその状態が続いてしまう場合には、眼精疲労の可能性があります。

眼精疲労の原因は?

眼精疲労の原因としては、目を酷使していることです。近年では、パソコンやスマートフォン、タブレット端末なども普及しているため、画面、モニターのたぐいを長時間見続ける機会が多くなりました。

また、仕事などで細かい作業をしたり、車の運転を長時間する場合なども、集中力がいるため、目の疲れが溜まりやすい傾向があります。

そのため、まずは目が疲れやすい原因を探るために自分の生活を一度見直してみることが大切です。日常的に自分が目が疲れやすい生活をしていないかどうかをチェックして、できるだけ改善していくことが大切です。

眼精疲労を放っておくと。。

もし、何も対策をせずにいると、眼精疲労の症状が悪化してしまい、目の疲れが取れないだけでなく、目の充血、肩こりや首のこり、頭痛、めまいなどの症状がでてきてしまいます。

眼精疲労の治し方

そのように悪化させないためにも、目を疲れないように改善をしたり対策をすることが大切です。
生活をしていて、画面などを見る機会が多い場合には、できるだけ画面を見る時間を減らすように心がけましょう。

目を休めることが大切

また、仕事など作業でどうしてもパソコンの画面などをみる時間が長い場合には、作業の合間などに目を少し休めることも大切です。
画面から少し目を離し、遠くを眺めたり、目を閉じて目を休めることも必要です。

蒸しタオルで血行促進!

また、まぶたを閉じその上に蒸しタオルなどを置いてみるのも、目の周辺の血行を一時的に改善することになり、目の疲れを軽減することに効果が期待できます。ですが、目が充血している場合には、蒸しタオルを使ってしまうと、充血が悪化することもあるため、自分の目の状態によっては使用を控えるようにしましょう。

ツボマッサージで血行促進!

それ以外にも、目の疲れをとるために、こめかみにあるツボなどを刺激して軽くマッサージをするのもいいでしょう。
マッサージをすることでもある程度血流の改善などにつながり、またこりをほぐすことで頭痛などを予防することにもなります。

生活習慣の改善

その他にも、眼精疲労対策としては、生活習慣の改善をしていくことも大切です。夜更かしなどをして不規則な生活を送っていると、睡眠不足などになりやすく、睡眠不足の状態では、目の疲れをしっかりととることができません。
規則正しい生活が送れるように生活リズムを整え、睡眠がしっかりととれる生活を心がけることも対策の一つになります。