赤ら顔には種類がある!なりやすい人の特徴と対策

赤ら顔には種類がある!なりやすい人の特徴と対策

赤ら顔とは皮膚が赤くなった状態を指します。人前に出ると顔が赤くなったり、気温の変化で顔が赤くなる場合は一時的なものですが、皮膚そのものに問題があると、常に赤みを帯びた状態が続きます。

では、なぜ顔が赤くなってしまうのでしょうか。
実は、赤ら顔になりやすい人には特徴があり、原因や症状、対策も様々です。
まずはどのような種類の赤ら顔であるかを知り、適切な対策を講じることが大切です。

一時的に赤ら顔になりやすい人の特徴とは?

赤面症やアルコール、気温の変化によって赤くなるというような赤ら顔は、時間が経てば元に戻ります。このような一時的な赤ら顔は原因は様々ですが、なりやすい人には二つの特徴が考えられます。

一つ目の特徴は、血管が広がりやすい体質であることです。血管が広がって、流れる血液が多くなると、皮膚が赤く見えます。

二つ目の特徴は、皮膚が薄いことです。皮膚が薄いと血管が透けて見えるため、赤ら顔になりやすくなります。これは誤ったスキンケアも原因になります。

慢性的な赤ら顔に悩まされる人の特徴とは?

慢性的に顔が赤いという場合は、皮膚そのものが赤くなっています。

つまり、何らかの肌トラブルが起こっていることを示しています。
バリア機能が低下し、肌が荒れると炎症を起こすので、皮膚は赤くなります。

また、ニキビができやすい人は、赤く炎症を起こしたニキビが顔全体に広がり、その状態が長く続くと、慢性的な赤ら顔になります。

そして、過剰な皮脂が酸化して炎症を起こす脂漏性皮膚炎がそこに加わると、さらに症状が悪化します。

赤ら顔対策はタイプに応じて行う

血管が広がりやすい人は、体質改善対策ができる漢方薬がおすすめです。
ビタミンKが配合された赤ら顔対策の化粧品を使用してみても良いでしょう。

そして、皮膚の薄さには、角質を育てる対策が必要です。
セラミドなどが含まれた保湿化粧品で健康な皮膚を育てましょう。

炎症による赤ら顔は症状がひどい場合は、皮膚科を受診し、炎症を抑えることが大切です。
日常のスキンケアではビタミンC誘導体配合の化粧品が効果的です。

まとめ:赤ら顔改善のためには適切な対策が大切

赤ら顔になりやすい人は、大きく分けて二つのタイプがあり、タイプに応じて適切な対策を講じることが大切です。
血管の拡張と皮膚の薄さが原因の赤ら顔は、漢方薬で体質を改善したり、皮膚を強くするようなスキンケア対策が効果的です。

皮膚が炎症を起こしている赤ら顔は、まずは炎症を抑えるために医師から適切な処置を受け、日々のお手入れではビタミンC誘導体配合の化粧品でケアするのがおすすめです。