肌の老化を進めてしまう8つの原因

肌の老化を進めてしまう8つの原因

どうしても抗えない?肌老化の原因

年齢が重なるにつれ、シミやシワ・そばかす、くすみや毛穴などが気になってくるものです。

その原因は本当に様々ですが、実は日常生活を改善することで肌の綺麗さを左右する肌老化を進めたり、遅らせることが可能です。

では、肌老化を進めてしまう原因とは一体何でしょうか。進めてしまう原因としてはどうしようもないものも多くあるのですが、中には抗えるものもあると知ったら、少しは希望になるかもしれません。

年齢、体質。どうしようもない原因

まず、どうしようもない原因としては、年令を重ねることそれそのものが老化につながるというものです。

とはいえ、これだけでは進めてしまう根本的な傾向で、絶対に年を取ったからと肌が老化するかどうか、と言うとそうでもありません。

ただ、全体的な傾向、そして人間の作り上そうなっている、という側面はいくら抵抗しても出てくるのです。

もうひとつは体質です。生まれ持ったものは仕方なく、老化の進み方も違ってきます。これはどうしようもない原因でしょう。

日常生活なら、紫外線と食生活、スキンケア

日常でケアできる老化を進めてしまう理由としては、紫外線があります。紫外線は肌にダメージを与え、廊下を促進させます。

また、食生活も影響があります。食事バランスや、足りないビタミンなどはサプリメントで補うということをしていれば、老化は防げることもあります。

スキンケアも重要ですね。肌に合ったダメージケアができるものを使い、水分と油分、必要な栄養素を与えれば肌の老化を防ぐことが可能です。

運動やストレス、癖も原因になる

最後に、老化する理由としては運動不足もあります。運動により代謝を上げ、余計なものを排出できれば体質も整い、老化防止になります。

老化を進めてしまうものにはストレスもありますね。精神的な負荷はそのまま肌のトラブルに繋がることもあります。逆に言えば、ストレス解消をしっかりしていれば、肌の状態も良くなります。

肌への負荷がかかるような原因、シワを寄せるような癖や頬杖も老化するかどうかの違いが出てくる要因です。

老化を進める原因は対策ができるものも

年齢や体質などはある程度は仕方のないことではありますが、それ以外の理由は自分でケアをしたり日常生活を変える・心がけるようにすると、体調が良くなり調子が整う傾向があります。

このため、肌老化を進めたくない場合は今日からケアを進めれば10年後の肌が綺麗になるのです。スキンケアや紫外線対策、日常の食生活などを変えることで、老化を遅らせることはできるのです。

どうしても老化する点は仕方ないので、そこをどううまくケアするかが重要ですね。