良質な睡眠を取るだけで変わる身体と肌

良質な睡眠を取るだけで変わる身体と肌

睡眠を見直すと肌と身体が変化する

ニキビや乾燥などの肌トラブルや、疲れやすい、体重がなかなか減らないなどの身体のトラブルを改善したい場合は、外側からのケアに加え、内側からのケアも大切です。

内側からのケアと言えば、食事を思い浮かべる人は少なくありませんが、実は食事よりも睡眠の方が身体と肌に大きな影響を与えます。

夜更かしが習慣になっている人やあまりよく眠れないといった眠りに関する悩みがある人は、睡眠を見直すことで、肌と身体によい変化がもたらされることが期待できます。

睡眠不足が身体と肌に与える影響とは?

よく眠れなかった翌日は、疲労感頭痛化粧ノリが悪いなどの不調を体験したことがある人は多いのではないでしょうか。

しかしながら、睡眠不足の影響は他にもあります。食欲を促進するホルモンが増え、満腹感をもたらすホルモンが減るので、体形にも変化があらわれます。

また、ストレスが原因で眠れない場合は、コルチゾールというホルモンが増え、代謝を低下させ、免疫力も落とします。さらに、炎症が起こりやすくなるので、皮膚が荒れやすくなります。

質の良い睡眠が美しい身体と肌を作る理由

私たちが深く眠っている時、成長ホルモンや女性ホルモンの分泌量が多くなり、皮膚を含む身体全体が修復されています。つまり、美は夜、寝ている間に作られているのです。

特に、夜10時~深夜2時はホルモンの分泌が活発になるため、美が作られるのに最適な時間帯と言われています。この時間帯に深く眠ることができると、美を作るホルモンがたくさん分泌されます。

成長ホルモンや女性ホルモンは年齢と共に減少するため、年を重ねるほど、質の良い睡眠をとることが大切です。

良質な睡眠を得るためにすべきこと

良質な睡眠をとるためには、身体と心をリラックスさせた状態でベッドに入ることが大切です。
カモミールティーを飲んだり、軽い読書をしたり、ストレッチをするなど、自分がリラックスできる方法を見つけると良いでしょう。

そして、就寝前はパソコンやスマートフォン、テレビなどは見ないようにしましょう。睡眠を誘発するメラトニンが抑制されるうえ、脳が活性化され、寝付きが悪くなります。
また、できるだけ日付が変わる前には就寝するようにしましょう。

美しい身体と肌を手に入れる鍵は良質の睡眠

睡眠不足になると、肌が荒れたり、体重が増えたりしますが、質の良い睡眠をとることができると、成長ホルモンや女性ホルモンがたくさん分泌され、皮膚を含む身体全体の再生が促されます。

そのため、良質の睡眠は美しい身体と肌を手に入れるために欠かすことができません。良質の睡眠のためには、午前12時前にはベッドに就寝するのがおすすめです。

この時リラックスしていることが大切なので、自分なりのリラックス法を見つけると良いでしょう。