雨の日は顔がむくむ?雨の日でもスッキリ顔でいる方法

雨の日は顔がむくむ?雨の日でもスッキリ顔でいる方法

雨の日に顔がむくむのは気圧の影響?

雨の日になると顔がむくむと感じている人は意外と多いようですが、実はこの症状は思い込みではなく、きちんとした根拠があります。

大まかに言うと、気圧の低くなる日にむくみは表れやすいのですが、雨の日は気圧が低いことが多いのでむくむ日だと思われています。

曇りの日であっても雨の日と同じように気圧が低ければむくみます。それに対し、天気の良い晴れている日はむくむことが少ないようです。

低気圧でむくむ場合の仕組みとは

低気圧の影響によってむくむ場合、空気中の酸素の量が薄くなることで症状が引き起こされます。低気圧になると体内の血管が膨張して神経や水分の流れを滞らせてしまうのですが、水分の流れが悪くなれば循環の悪化によりむくみは表れやすくなります。

低気圧により表れる症状は、むくみだけでなく頭痛めまいなどもあります。身体的な症状が出ることによって低気圧になっていることを実感する人もいます。

むくみ対策を行ってスッキリ顔を手に入れる

顔は特にむくむと目立ちやすい部分です。むくむ人は外的な環境の変化に左右されやすく、元々むくみやすいという体質を持っていますので、日頃からむくみ体質を取り入れなければなりません。

基本的には血行やリンパ液の流れが悪くなることでむくみますので、ストレッチや運動を行って循環を促すことが大切です。体内に溜まった余分な水分や老廃物は静脈やリンパ管に運ばれるのですが、血行が悪くなると排出されません。

スッキリ顔作りには食事面からの対策も有効

スッキリ顔を作りたいと思うのなら、日頃の塩分摂取量にも気をつけなければなりません。

塩分を摂り過ぎると体内のナトリウムの量が増えて、水分が溜め込まれやすくなります。
食事バランスが悪くてカリウム不足に陥っている場合、スムーズに余分なナトリウムを排出することができませんので、むくむ原因になります。

雨の日のようにむくみを誘発するような天気の日には余計に気をつけてむくみ対策を行わなければなりません。

雨の日のむくみ対策は日頃の生活から

雨の日にむくむという人は、日頃の生活の仕方から改善しなければなりません。
むくみ体質の人は運動不足であったり塩分を摂り過ぎていたりして、むくみやすい体内環境が出来上がっています。

そのような場合にはスッキリ顔を作るのは難しく、ちょっとした変化によって症状は引き起こされます。

いつもスッキリ顔でいたいのなら体内循環を良くすることは必須であり、むくむ原因になる要素を一つずつ取り除いていくことが大切です。