腰痛の原因を知り、改善しよう!

高齢になると腰を痛めて、ちょっと姿勢が曲がっている方などもイメージとしては沸いてきます。ですが、高齢以外の比較的若い世代であっても、腰痛に悩んでいる方は増えています。

腰痛の原因とは?

腰痛の原因としては、普段から姿勢が悪かったり、また、重い物を持つことが多い、スポーツなどで腰に急激な負担がかかった、仕事などの作業で座りっぱなしで作業をすることが多いなどにより腰を痛めてしまったなど、さまざまなものが考えられます。

原因となるものをそのままの状態にしておくと、慢性的な腰痛に悩まされてしまい日常生活に支障がでてしまいます。また、急激な負荷による腰へのダメージは、ぎっくり腰などになる可能性もあるため、重症な場合には、歩くことが困難になることもあります。

そのような状態にならないためにも、原因を把握して改善していくことが大切です。

腰痛の改善方法

姿勢が悪いことで、腰に負担がかかり腰に痛みが出る場合には、できるだけ姿勢を正すように、普段から意識して過ごすことが大切です。

腰への負担を軽減する工夫を!

また、私生活や仕事などで重い物を持つことが多い場合には、腰への負担が定期的にかかります。
腰の筋力が弱っていることでも腰痛につながることもあるため、ある程度腰の筋力を鍛えることも対策の一つになります。また、重い物を持つ場合には、他の人に協力をあおいだり、中身を二つに分けて運ぶなど工夫をして腰への負担を軽くすることも大切です。

スポーツの後はしっかりとマッサージを!

スポーツなどをしている場合には、激しい動きをしたり筋肉疲労などによるダメージで痛みがでることもあります。
スポーツの後しっかりとマッサージなどをして筋肉の疲労を取るようにすることも大切です。また、ストレッチなどで体に柔軟性を持たせることも、ケガや痛みなどの予防につながるでしょう。

長時間同じ姿勢は注意が必要

また、仕事などでは、同じような姿勢を保ち、長時間作業を続けることもあります。
そのためその姿勢により腰へ負担がかかりその負担が溜まってしまうことにより、慢性的な腰痛になることもあります。

お風呂あがりのマッサージも効果的!

改善するためには、作業の合間などに軽く体を動かし、ストレッチなどをして、姿勢をかえてみたり、自宅に帰ってから筋肉の緊張をとるためにお風呂でしっかりと筋肉をほぐし、リラックスすることも大切です。

お風呂あがりでは、筋肉の緊張も適度にとれ血行などもよくなっているため、マッサージなどをして筋肉の疲れをとりましょう。

それでもダメなら病院へ

腰の痛みなどが取れない場合には、医療機関などで診察を受けることも大切です。