朝食○○を食べると脳が活性化する!?

朝食○○を食べると脳が活性化する!?

脳を効率的に働かせるためのポイントは朝食

忙しいために朝食は毎朝菓子パンなどで済ませたり、コンビニや駅の売店で購入できる栄養補助スナックなどで済ませているという人や、「そもそも朝食は食べない」という人現代人には多いのではないでしょうか。

しかし、朝食は体を動かすためのエネルギー源ですし、脳のエネルギー源となるブドウ糖を1日の始まりである朝に補給しておかないと、脳の働きを低下させて仕事や勉強に支障をきたす事にもなりかねないので、脳を活性化させる朝食を意識して食べる事が大切です。

朝食と脳の働きについての関係性

脳が活動するために主に消費しているのはブドウ糖ですが、起床時は血中のブドウ糖が空腹時や運動後と同じくらい低下している状態なので、朝食を抜く事は脳の働きを著しく低下させて記憶力や集中力のダウンにつながります。

また、血中のブドウ糖は消費され続けるので、脳の働きを低下させないためには3回の食事で糖質を摂取して定期的にブドウ糖を補給する事が重要です。

特に血糖値の変動を小さく抑制する低GI値の食品を朝に摂る事で脳の状態を最適に保つ事ができます。

脳を活性化させるために効果的な朝食

仕事や勉強の効率を上げるためにも脳を活性化させる朝食は必須だと言えます。

朝の食事ので重要なのはブドウ糖を補給する事なので、定番の白米やパンでも良いですが、脳を最適な状態に保つためには低GI値の玄米やライ麦パンなどが良いですし、食物繊維を豊富に含む野菜や海藻類を最初に食べると血糖値の変動を緩やかに出来るので工夫して食べるのがよいでしょう。

また、朝食をしっかり取る事は排便習慣を付けるのにも効果的なので便秘の改善にも役立ちます。

ブドウ糖以外で朝食に摂りたい栄養素

朝の食事で脳を活性化するためにはブドウ糖以外にも脳の働きを活性化させる栄養素を意識して摂る事が効果的です。

記憶力や集中力の向上に効果的な豚肉や卵などに多く含まれるビタミンB1やアミノ酸、青魚に多く含まれるDHA・EPAなどの栄養素は是非朝に摂っておきたい栄養素です。

他にも、脳の働きを活性化させるセロトニンの合成に必要なトリプトファンを多く含むバナナは脳を最適な状態に持続させるために良いので朝食バナナは特におすすめです。

朝の食事は脳を活性化させるために必須

起床時は脳がエネルギー不足の状態ですから、脳を活性化させるために最も重要なブドウ糖を含む糖質を摂取する事が大切です。

エネルギー不足だと集中力や記憶力の低下を招いて勉強や仕事に支障をきたす可能性が高いですし、3回の食事の中で定期的にブドウ糖を補給してあげる事が重要です。

ただ、ブドウ糖だけではなく脳を最適な状態に保つために必要な栄養素もあわせて摂る事でより効率よく働かせる事ができます。