ピーリングはニキビ跡におすすめ?ニキビ肌には使える?

ピーリングはニキビ跡におすすめ?ニキビ肌には使える?

ニキビが治った後にニキビ跡を発見

せっかくニキビが治っても、その後にニキビ跡ができてしまうことがあります。

ニキビ肌の時には炎症が起こったりバリア機能が低下してメラニン色素の生成量が増えたりして様々なトラブルが起こりやすくなりますが、ニキビが治った後にも皮膚トラブルの症状が消えないこともあり、ニキビよりもニキビ跡の方が改善に時間がかかると言われています。

万が一ニキビ跡ができてしまったら、タイプに合った適切なケアが必要です。

自然な肌のターンオーバーでも回復

ニキビ肌の間に作られてしまったトラブルの種は、ちょっとしたきっかけで皮膚の異変となって表れます。

それでも肌細胞は約28日周期で生まれ変わっていますので、傷ついた細胞やトラブルを含む細胞はどんどん排出されていきます。

ですから、多くの場合は気付かずに過ごすのですが、何らかの要因でターンオーバーが乱れるとトラブルが表れやすくなります。ニキビ肌が長く続いている時も要注意です。

なかなか治らないニキビ跡の改善には

色素沈着や赤みなどのニキビ跡にはビタミンC誘導体の化粧水が有効とされています。

この成分にはメラニンの還元を促す作用がありますので、色素沈着や赤みの原因となっている色素を分解して排出させることができます。

中にはこのケアだけでは長く改善されないケースもあり、その場合にはピーリングが必要です。
ピーリングは洗顔タイプもありますし、化粧品でも行えます。ピーリングでは凹凸のあるニキビ跡も良くなります。

ケミカルピーリングという方法も

まだニキビ肌の場合にはピーリングによる作用が強すぎて負担になることもありますが、家庭用はまだ肌に優しい部類に入りますので週に1~2回程度なら問題ありません。

医療機関でもケミカルピーリングという治療が行われており、この治療は作用が非常に強いので1回でもある程度の効果が期待できます。

凹凸のあるクレーター状のニキビ跡も改善できる程の作用ですが、ニキビ肌には負担が大きいという指摘もあります。

ピーリングの効果は高いが慎重に

ニキビ跡ができてしまったらピーリングで早く治すことができますが、肌への負担もありますので慎重に利用しなければなりません。

ビタミンC誘導体のような化粧品で治せるタイプならピーリングよりもそちらを優先して行いたいところですが、なかなか治らない時にはピーリングを利用すれば自宅でも効果の高いケアを行うことが可能です。

医療機関でのピーリングは更に効果が高くなり、凹凸のあるニキビ跡も改善できます。