お風呂上りの肌にたっぷり与えてあげたい物

お風呂上りの肌にたっぷり与えてあげたい物

お風呂上りの肌は吸収力がとても高い

お風呂上がりは体も心もスッキリしていますよね。実はお肌もそうなんです。

毛穴も開き、様々なスキンケアによってお肌の状態が良くなっているので、その後のスキンケアも浸透しやすくなっています。

実はこのときにはぜひ与えてあげたい栄養分がいくつかあります。肌の調子を整えるため、肌の健康のためにぜひ与えてあげたい栄養分としては「水分」「ビタミン類」「良質なオイル」ですね。これらはどれも美肌に重要なものなのです。

まずは何よりも水分でうるおいのあるお肌を

まず、第一に与えておきたいのが水分です。

これは化粧水や美容液など、様々なスキンケアなどの基本になる成分として多く含まれています。特に化粧水でお肌に水分を与えるのはお風呂上りのお肌にはとても大事なことですね。

つけかたはコットンでも手を使う方法でも構いません。良質な水分をたっぷり与えることは、肌の潤いを満たし、透明感を与えることになります。

また、お風呂上りは水分も取りましょうね。発汗したあとは水分補給をして、代謝を高めたいところです。

ビタミン類は効果を考えて与えて

もうひとつはビタミン類です。ビタミン類は様々な栄養成分があり、お肌にも効果があります。

代表的なものはビタミンCですね。これは抗酸化作用だけではなく、お肌の透明感や美白のために用いられます。

また、ビタミンAでもあるレチノールはお肌のシワやシミ対策、ニキビケアにもなるんですよ。このため、お風呂上りにぜひ肌につけたい栄養分です。

ビタミンEも人気ですね。これは抗酸化作用があり、お肌の劣化や酸化を防いでくれるのです。

お風呂上がりにオイルでしっかり保湿

お風呂上がりとなると、体中が汗をかいて毛穴が開いている状態です。このため、ここに水分や美容成分だけを与えても、あまり肌の上にとどまることはありません。

これをどうにか留めさせるために重要なのがオイルです。オイルは水と混じり合いにくく、肌の上では特に皮脂として潤いを閉じ込め、肌に潤いを保たせたり、外部の刺激からお肌を守る効果があります。

お風呂上りには良いオイルを使い、できるだけ肌を保湿しましょう。

お風呂上りのスキンケアは5分以内に

ちなみに、このようなスキンケアはおおむね5分以内に行いましょう。

これはお風呂で肌のバリア機能が一時的に低下しているので、できるだけ早くにスキンケアを入れたほうがいいのです。できるだけ早いほうが潤いを失わず、肌に負担にもなりにくいのですね。

最近はお風呂の中でのスキンケアというのもあります。パックやゴマージュ、ピーリングなどですね。このあともなるだけ早めにケアをしておきたいところでしょう。