疲れやすい原因と体質改善方法!

貧血による疲れ

女性なら、まず考えられるのは貧血です。毎月の生理によって血液が体外に排出されるので、貧血になりやすいのです。その体質を改善するには鉄分の多いドライプルーンを1日2、3個食べてみたり、赤身のお肉、レバーを食べてみると効果があります。

中医学ですと、黒豆、黒ゴマなど黒い食べ物や、血流をよくするベニバナをお茶等に入れて飲むのもいいですね。

睡眠不足による疲れ

次に考えられるのは寝不足。今の時期は暑くて寝苦しい日が続きますよね。
昼食時間に10分でも15分でもいいので、デスクで仮眠をとってみると日頃の睡眠不足を解消でき、気分もスッキリします。

ストレスによる疲れ

それと、疲れやすい原因として考えられるのはストレス。
知らぬ間に、日々の生活の中で心に負担がかかっていることがあります。

ストレス解消方法

ストレス解消の方法はいろいろありますが、ウォーキング、ジョギング等は、すぐに始められますし、お金もかからず運動不足も解消できます。それ以外にもヨガ、ゆる体操などの運動もいいですね。
現代人は呼吸が浅くなりやすいのも原因の一つなので、おなかが膨らむのを意識しながら鼻から息を5秒かけて吸って、おなかをへこませながら鼻から10秒かけてはく。これを繰り返すだけでもスッキリします。

疲れるまでストレスをためるという事は、”自分の本心とは違うことをしている”可能性もあります。
例えば、『○○系の本を読むのが好き』、『○○のケーキが大好きで夢心地になる!』『○○の紅茶が大好きで飲むとホっとする』など、1日5分でもいいので、その好きなことする時間を自分のためにとってみてください。
私の場合ですと、犬が大好きなので、触ったり、見ているだけでも幸せな気分になります。
好きなことをするとホっとする時間が増え、交感神経が高ぶって常に緊張状態でいたのが副交感神経に切り替わるのだそうです。

食べ過ぎによる疲れ

また、疲れやすい原因の一つに、食べ過ぎ。これも考えられます。現代人は付き合いで外食が多くなりついつい飲みすぎ、食べ過ぎになってしまう事があります。
自分の体を意識して、”あまり食べたくないな”という時は、食事を抜いたり、サラダだけにしてみる、と体に負担がかからず軽く感じます。

それでも改善されないなら医師に相談を

以上のことを試してみても疲れやすい体質が変わらない。原因がわからない場合は、医療機関で医師に相談してみることをお勧めします。