痛風の原因と症状!予防するための食事とは?

痛風の原因と症状!予防するための食事とは?

風が吹いただけでも痛いと例えられる痛風とは、尿酸という物質が関節中で固まって結晶になるために起こる関節炎のことを指します。主な部位としては足首足の指などに腫れが生じて痛みを伴います。

痛風の症状とは?

急性という性質であり、ある日突然部位が痛み出すこともあり、それは初めに記載した例えのような激痛だと言われ骨折と勘違いする人も多いと言われます。

ちなみにこの激痛は約10日ほど過ぎるとその状態は緩和しますが治療せずに放置すると、皮膚にコブのような症状が現れます。このコブを同様に放置すると大きくなり関節が変形したり、脱臼するなどの日常生活に支障を来す恐れがあります。

そもそもコブができるのは関節内での尿酸の結晶化が進んだことによって発生する痛風の慢性化した状態です。実はこの疾患には合併症が存在し最も影響を及ぼすのは尿酸の排泄を行ってる腎臓であり、足首などの関節以外に尿酸の結晶が沈着すると腎不全を発症する可能性があります。

痛風の原因とは?

痛風は尿酸値が高く、20代以降の男性に多い病でありその原因は主に食事が関係してるとされます。贅沢病とも呼ばれるこの疾患はその名のとおり、肉類アルコールなどの過剰摂取によって尿酸の産生と排泄のバランスが崩れてしまい発症してしまいます。
そのため現在では動脈硬化や高血圧のように生活習慣病の一種として考えられてます。

痛風を予防する食事とは?

こうした疾患を予防するためにはまずは食べ過ぎを控え、1日3食/腹8分目を抑えることが大切です。

尿酸値の改善には1日の食事からのエネルギー量を抑えることが重要であり、油を多く使用した料理や菓子アルコール飲料などは取り過ぎないようにするべきです。また肥満気味でも痛風になる可能性が高く、この場合でも食事は1日の適正摂取エネルギーを守ることが必須です。

この時適正摂取エネルギーは肥満度やその人の性別、年齢や合併症の有無、日常生活やスポーツによる身体活動量などによって異なるので医師の指示に従う必要があります

また減塩も食事の中で心がけることも重要であり、肥満以外でも痛風は高血圧患者でも発症するからです。

尿酸値を安定にする食生活はアルカリ性食品である野菜を中心としたメニューにすると、尿中の尿酸を溶かす効果を期待できます。この他には乳製品が尿酸値を下げる効果があるのでおすすめです。

そして尿酸値は脱水状態になると上昇するので、日頃からお茶や水などの水分補給を心がけることも重要です。この時ジュースや炭酸飲料は糖分を多く含むので、なるべく添加物の入ってないものからの補給が必須です。