生理前の体の不調を改善する1週間前に摂取したい成分

生理前の体の不調を改善する1週間前に摂取したい成分

生理前の食生活!体調不良を緩和!

生理前の不快な症状を緩和させるためには、生理が始まる1週間前からの食事が大切です。甘い物や、カフェイン、脂の取り過ぎは、生理前の不調を悪化させる原因になります。

イライラなどの症状を緩和させるために、生理前に摂るとよいと言われる食品を摂取することで、生理前の不快感を少しでも和らげる働きがあります。

過食や、イライラを防止するために、生理前の食生活には十分気を付けて過ごしましょう。

豆乳で生理前のイライラを解消!

豆乳は、女性ホルモンの働きに良いイソフラボンが多く含まれています。大豆イソフラボンを摂取することで、生理前のホルモンバランスを整える働きがあります。

豆乳には、大豆の成分が多く含まれているので、生理前に摂取することで、イライラや、過食を防止する効果があります。

毎朝起きた時にコップ一杯の豆乳を飲むことで、生理前の不快な症状を緩和させる働きがあります。他にも納豆や、大豆、豆腐にホルモンに良い成分が含まれています。

アーモンド、ナッツで過食を抑える!

アーモンドやナッツを生理前に摂取することで、過食を抑えることができます。生理前は、ホルモンバランスの乱れから、イライラが起きたり、甘い物が欲しくなる傾向にあります。

アーモンドや、ナッツには、ビタミンやミネラルの成分が多く含まれるので、気持ちを落ち着かせる効果があります。

生理前は便秘になりがちですが、アーモンドや、ナッツには、良質の油が含まれているので、便秘の解消にもつながります。

貧血に効果のあるレバー!ひじき!

生理前に摂取したい成分は、鉄分です。
生理中は、血液が排出されるので、貧血になりがちです。普段からダイエットしている女性は特に、鉄分が不足している傾向にあります。

生理間瀬に、レバーや、ひじきを摂取することで、鉄分が補えて、生理中のめまいや、頭痛、不快感を予防する働きがあります。

まぐろや、ホウレン草を摂取するのもおすすです。鉄分の成分を多く含んだ食べ物を摂取することで、貧血防止になります。

生理前の1週間!食事を大切に!

生理前は、過食になったり、甘い物が欲しくなったり、ホルモンバランスの乱れにより、精神不安でイライラが起きるので、食生活が乱れがちになります。

イライラが落ち着かない時は、お菓子やケーキを食べたくなりますが、カルシウムや、大豆成分、ナッツなどを食べて、心を落ち着けることを心がけましょう。

1週間前から症状が悪化する人が多いので、食事に気を遣うことが大切です。身体に良いものを取ることで、生理前の不快感を緩和することができます。