目もとの乾燥はシワの元!乾燥しやすい目元ケア法

目もとの乾燥はシワの元!乾燥しやすい目元ケア法

目の周囲は十分な保湿を求めるパーツ

目元はとても乾燥をしやすいパーツであるのは、ほかの顔のパーツよりも皮膚が薄いことに理由があります。

さらに水分をストックしておくことが難しいパーツでもあるので、目元はさらに乾燥をしやすいのです。

顔の中でも乾燥が激しくてシワができやすい場所ですので、日頃からのスキンケアで対処をしていく必要があります。

誤ったケアでは余計に乾燥を招いたり、シワを目立ちやすくすることがあるので、ただしケアを実践しましょう。

目元はとても乾燥をしやすいパーツ

顔の皮膚はデリケートであり、目元は特に皮膚が薄いために、些細な刺激でも乾燥をヒートアップさせてしまいます。

乾燥をしたら肌には小じわが目立つようになりますし、顔の中でも皮膚のトラブルが多い目の周りは、優しいケアで対処をする必要があります。皮膚が薄いもの理由ですが、目の周りは皮脂腺もとても少ないです。

メイクオフでのクレンジングでも、こすることですぐに乾燥をしますので要注意です。

目元のシワを防ぐためのお手入れ

目の下や目尻などは割と早い段階でシワができやすいパーツであり、それは皮膚の乾燥が大きな引き金になります。

乾燥によるシワは早めの対処によって、小じわ程度でしたらリセットをかけることは可能です。しかし手入れをしないまま時間が過ぎてしまいますと、形状記憶のように深いシワに変わります。

加齢だけでは済まされない問題であり、20代でも乾燥を放置している肌には、目の周りにシワができてしまうのです。

目元の乾燥対策にはコットンパックを

基礎化粧品は乾く素肌を潤おすために、非常に有効なアイテムとなって力になります。

化粧水は惜しみなく使うことで、表皮に対して十分な水分補給となります。コットンに化粧水を浸したら、目尻と目の下においてコットンパックをしましょう。

夜のスキンケアでは、美容成分たっぷりの化粧水を使い、コットンパックで水分を十分に肌へと送り込むといいでしょう。配合成分には、コラーゲン配合を選びましょう。

目の周りの潤いアップには基礎化粧品を活用

乾燥をしやすい目元ですので、基礎化粧品はフル稼働で利用をしましょう。化粧水をたっぷり使うのは基本として、目元専用のアイクリームは早い時期から使うといいです。

目元専用美容液やクリームは少し値段がしますが、皮膚の弱いパーツのことを考えて、美容成分を凝縮しているコスメです。

目元の若さを維持するためにも、必ず使用をしたほうが良いアイテムです。アイクリームやエッセンスは、眉毛の下まで塗るのがコツになります。