ピーリングする事で起こる美肌効果の仕組みとは?

ピーリングする事で起こる美肌効果の仕組みとは?

肌トラブルが起こる仕組みと改善方法

化粧ノリが悪い、粉が吹いたように見える、ざらつきがあるなどの肌トラブルは、古い角質が原因として考えられます。

古い角質は本来なら肌のターンオーバーによって剥がれ落ちるべきものですが、肌のターンオーバーが乱れると、古い角質が表皮に蓄積され、ニキビやくすみ、毛穴の黒ずみなど、様々な肌トラブルを引き起こします。

定期的なピーリングは肌トラブルを改善し、美肌効果をもたらすことが期待できます。

ピーリングが美肌効果をもたらす仕組み

肌の内側では、細胞が日々生まれています。新しい細胞が生まれると、古い細胞は上に押し上げられ、やがて表皮にまでたどり着くと剥がれ落ちます。

これはターンオーバーと呼ばれる肌の仕組みで、美肌を維持するためには重要なことです。

しかしながら、年齢と共にターンオーバーが遅くなり、肌トラブルや老化が目立つようになります。ピーリングは、古い角質を除去することで、ターンオーバーを促し、肌の生まれ変わりをサポートします。

ピーリングがニキビに効果を発揮する仕組み

毛穴が汚れや角質で覆われると、皮脂が毛穴の中で溜まり、炎症を起こし、ニキビに発展します。

ピーリングを行うと、毛穴を覆っている角質や汚れが取り除かれるため、毛穴の詰まりが解消され、ニキビができにくい肌に整えることができます。

また、ニキビの炎症の悪化をまねく原因も取り除くことができるため、炎症を防ぎ、肌を改善へと導く効果もあります。

さらに、肌の新陳代謝も活発になるため、新しい皮膚の再生が促され、ニキビ肌に美肌効果をもたらします。

ピーリングがくすみを解消する仕組み

古い角質はメラニンを含んでいるため、古い角質が蓄積された肌はくすんで見えます。

また、古い角質があると、化粧品が肌に浸透しないため、乾燥してツヤのない肌になり、くすみが目立つようになります。このようなくすみ肌にもピーリングは美肌効果を発揮します。

ピーリングで古い角質を取り除いた後は、肌は乾燥しがちになるので、保湿効果の高い化粧品を使い、しっかり肌を保湿することが大切です。

美肌維持には定期的なピーリング

肌のターンオーバーが乱れ、古い角質が表皮に溜まると、様々な肌トラブルをまねきます。これを改善し、美肌を維持するには、定期的なピーリングが効果的です。

ピーリングは古い角質を取り除き、肌の新陳代謝を活発にする働きがあります。

毛穴の詰まりが解消されるので、ニキビの予防と改善効果が期待できる他、古い角質とともにメラニンが排出されることでくすみを改善するなど、美肌効果が期待できます。

ピーリングの後は、しっかり保湿するのを忘れないようにしましょう。