ご飯のドカ食いをすると体の中で何が起こるかを検証

ご飯のドカ食いをすると体の中で何が起こるかを検証

ご飯はしっかり噛むというのが基本です

噛むだけダイエットというのがあります。
その方法は簡単でご飯をしっかり噛むだけです!

30回を目安にしっかり噛んでいると体の中で唾液の分泌がよくなり満腹中枢が刺激され、早くお腹いっぱいと感じられるので自然にカロリーが抑えられます。
唾液にはガン予防物質も含まれており健康面でもおすすめです。小顔効果もあります。

きれいに痩せるためにはご飯をしっかり噛むのが基本。
ドカ食いは絶対にやめましょう。

ご飯をドカ食いしたくなるメカニズム

とはいえ、時にドカ食いしたくなるものです。その原因は栄養不足とストレス・睡眠不足です。

ダイエットしたいと頑張る人ほど栄養不足やストレスが溜まってドカ食いしてしまう傾向にあるのです。
ダイエットで飢餓状態となった体の中にご飯がどんどん入ってきたら体はどれも栄養素として吸収しようとしてしまいリバウンドにつながるのです。

またご飯をたくさん体の中に入れてしまったというストレスで更にドカ食いしたくなり、悪循環が続きます。

ご飯をドカ食いしたくなったら計画的に

ご飯をドカ食いした翌日は一気に体重増加していますが、実は1日で太ったというわけではなく体の中に留まっている前日の食べ物と水分の重さです。

翌日はむくみを解消する食材を食べて水分を出してあげるとともに、胃腸をいたわってあげるようにすればいいのです。一時的に増えた体重も数日間かけて元に戻るでしょう。

女性の場合、生理などホルモンバランスの変化によってもご飯をドカ食いしたくなることも。その前後で調節してやるようにしましょう。

ドカ食いを予防するための方法とは

ご飯のドカ食いをやめるのにおすすめなのが運動です。体を動かしているとストレスを忘れられます。適度な疲れは質のよい睡眠ももたらすでしょう。それが難しいようであればゆっくりとお湯に浸かって入浴するだけでも違います。

食べる以外のストレス発散方法を見つけ出しましょう。それとともに、無理なダイエットは絶対やめましょう。急激な変化は体の中に負担が大きすぎます。少しずつ数ヶ月かけて徐々に減らしていくのがよいのです。

きちんとした食生活を心がけましょう

無理なダイエットは体重は減るものの栄養も不足しますし、ストレスも溜まります。それでドカ食いしてしまっていては意味がありません。

リバウンドを減らすためにも日頃から30回噛んでゆっくりと栄養バランスのよいものを食べるようにしましょう。きちんとした食生活が健康をもたらすのです。

たまにドカ食いはしてしまってもそこでストレスを溜め込まないのが大事。増えているのは水分。翌日の食事で十分減らせるのです。