お弁当習慣でコツコツ健康管理!健康お弁当レシピ

お弁当習慣でコツコツ健康管理!健康お弁当レシピ

毎日のお弁当。悩みはそれぞれ。

毎日作る必要があるお弁当。

  • 「朝はなかなか作る時間がない!」
  • 「だんだん、おかずがマンネリになってくる」
  • 「ちゃんとバランスよく栄養がとれるようにしようとすると、なかなか難しい」

など、お弁当を習慣にしたくても、いろいろな悩みがありますよね。

お弁当は外食よりもお財布にやさしいし、低カロリーに抑えられて健康にいい、ということは分かっているけれども、なかなか続けられない、という方は案外多いと思います。ここでは、悩み別にレシピを紹介します。

とにかく時間がない! という方のレシピ

朝はとにかく忙しくて、凝ったお弁当は作れない、という方には、ご飯の上におかずを乗っけるだけの「どんぶり弁当」なら、お弁当習慣を身に着けられそうです。

代表的なものは

  • 「タコライス弁当」
  • 「オムライス弁当」
  • 「焼肉弁当」
  • 「卵そぼろ弁当」

などがあります。

ここで使いたいテクは、「野菜を冷凍にしておくこと」です。
お弁当の大切ないろどりであるブロッコリーやアスパラガスは、大量に煮ておいて、小分けに冷凍しておくと便利です。

おかずがマンネリになる方のレシピ

お弁当と言えば、卵焼き、ミートボール。野菜にはアスパラガスやミニトマト。

だんだんマンネリ化してしまいますね。でも実は、こういう定番レシピこそ脱マンネリの鍵です。

定番のレシピに、ひと手間加えてみましょう。

例えば、

  • 「卵焼きの中にジャコを入れてみる」
  • 「ミートボールにピザ用チーズをかけてみる」
  • 「アスパラガスをベーコンで巻いてみる」

などが、簡単です。

具だくさんになり、健康習慣にもいいでしょう。また、たまにはサンドイッチにしてみるのもおすすめです。

きちんとお弁当で栄養を取りたい方のレシピ

お弁当で栄養バランスをしっかりとるのは、意外と大変。

それに朝の忙しい時間にきちんと料理をするのは、習慣として続きませんね。

そこでおすすめなのは、「レンジでチンして、すぐに入れられるようにしておく」ことです。

栄養価が高くて常備おかずになる

  • 「ひじきの煮つけ」
  • 「切り干し大根の煮物」
  • 「きんぴらごぼう」

などを小分けに冷凍し、すぐに入れられるようにしておきましょう。
日持ちするおかずを選ぶことがコツです。

まとめ。お弁当習慣を続けるには。

お弁当は毎日作るもの。「健康のため」と思っていても、なかなか作る手間がしんどいときがありますよね。

習慣にするために一番大切なのは、「ストレスにならないように、息抜きしながらのんびり続ける」ことではないでしょうか。

最近は楽しいお弁当ブログも多く出ています。好きなブログを探して、手抜きレシピを開発するのも楽しいものです。

ゆったりとした気持ちで、お弁当習慣を身に着けられるといいですね。