風邪薬を飲まないお医者さんならではの健康管理法

実は「胃がん」の初期症状?食欲がない時は医師に相談

風邪薬を医者が飲まない理由とは

医者の多くは風邪をひいたときに風邪薬を飲みません。その理由は簡単で、風邪に効果のある薬というものは存在しないからです。風邪薬は風邪の不快な症状を和らげるものです。

根本的な原因を取り除くものではありません。
風邪薬の副作用で回復が遅くなることもあるため、飲まないようにしている医者もいます。

副作用には発汗を抑えたり、倦怠感などが含まれます。発熱を抑えるなら、ウィルスを殺菌することができません。

医者が実行している薬を飲まない健康管理法

風邪を早く治すためには健康管理が鍵となります。多くの医者が実行している健康管理法の一つは水分をこまめに取ることです。ウィルスは湿度を嫌がります。

喉を常に潤していることで、ウィルスが体内に侵入しにくくなります。
別の健康管理法は、体調がすぐれないと思ったときにすぐに休むことです。

体の免疫力が落ちていると、ウィルスに感染しやすくなります。十分な休息をとって体力を回復します。

風邪薬に頼らないためには食生活がポイント

薬に頼らない健康管理法として食生活はとても重要です。風邪のときは大量のビタミンが失われます。

サプリメントもある程度の効果が期待できますが、効率よく吸収したいなら果物が理想的です。果物にはビタミンだけでなく、食物繊維も多く含まれています。

発熱時には体の水分が失われるため、果物によって補えます。
食欲がないときも食べやすいため、完全な病人食と言えます。リンゴやナシなどが、向いています。

医者はどんなときに風邪薬を飲むか

医者は一切風邪薬を飲まないというわけではありません。症状によっては服用することもあります。風邪薬を飲むことで、楽になりぐっすり寝ることができます。

インフルエンザの際に熱を下げることは良くありません。発熱によってウィルスを殺菌しているからです。通常の発熱であるなら、下げることで体力を保たせることができます。

同じような理由で、患者に風邪薬を処方します。医者は状況に応じて飲むかどうかを判断しています。

だれにでもできる医者の健康管理法

風邪薬に頼らない健康管理法はだれにでも行えます。十分な睡眠と食生活に気をつけることで、日ごろから免疫を高めておくことが最大の予防策です。

風邪をひいてしまっても、すぐに薬を飲むのではなくよく休むようにしましょう。水分とビタミンをたっぷりとることで自然に回復へと向かいます。

平均すると一週間前後で回復します。当然ながらいつまでも回復しない場合は、自己判断しないで診察が必要です。