一人暮らしでも出来る簡単栄養たっぷりレシピ

一人暮らしでも出来る簡単栄養たっぷりレシピ

一人暮らしで栄養を十分に摂るには

栄養をバランス良く取るためには、できるだけ多種類のまんべんなく食材を摂る必要があります。

一人暮らしで多種類の食材、というと毎日難しい料理を作る必要があるような気分になりますが、具材の種類さえ多ければ、料理の方法はただ煮るとか炒めるとか、単純な方法で大丈夫です。

和洋中華どのようなレシピでもよいですから、一皿でオーケーな具材たくさん料理を、一人暮らしの友として、是非ともマスターして下さい。

具だくさんの煮物なら栄養たっぷり

一人暮らしの食生活で一番ありがたいレシピは、具だくさんの煮物です。煮込む時間はかかるけど、手間は材料を切り刻んで入れるところまでです。

たとえばミネストローネなどどうでしょう。さまざまな野菜、豆類、ベーコン、もちろんトマトなど、ありあわせの野菜を切り刻んで煮込んで塩・コショウなどで味を決めればオーケーです。

トマトと味出しのためのベーコンだけは外せないけれど、冷蔵庫の残り物野菜を適当にアレンジして煮込んでも良いのです。

鍋料理こそ一人暮らしのおともだち

煮込みより単純なレシピを考えるのなら、たとえ一人暮らしであっても鍋料理など、おすすめです。

市販の「鍋物のもと」をベースにして、あとは肉や野菜をたっぷり、かつ適当に入れるだけです。「鍋物のもと」にはいろいろな種類があるので、毎日少しずつ中に入れるものを変えれば、決してあきることはありません。

鍋に残った栄養たっぷりの汁は、翌日に冷やごはんを卵とともに入れて雑炊にすることもできます。一度つくると二度美味しい、一人暮らし用のレシピです。

何も思いつかない時は野菜たっぷりの炒め物

煮込みにしろ鍋にしろ、どちらかというと冬場のレシピです。
ではその他の季節の栄養補給のためにはどのようなメニューが考えられるか、というとやはり炒め物でしょう。

もやしを始め、冷蔵庫の隅に眠りかけているような野菜に切れ端に、好みの肉を加えてさっと炒める。これなら時間もかからないし、一皿で十分な栄養を摂ることができます。

味付けは塩・こしょうや味噌・醤油だけでなく、豆板醤やオイスターソースなどで、エスニック風も良いものです。

一人暮らしの料理には意識して具材を多く

一人暮らしでも簡単にできるレシピといえば、煮込む、炒めるなど料理の手法に関係なく、できるだけ具材を多く、肉と野菜をバランス良く摂れるものに限ります。

料理の手法は簡単でも、材料の品数を意識して多くすれば、一皿でも栄養たっぷりのメニューになりますし、洗いものも簡単で済みます。

たくさんの種類の野菜や肉を使うなんて一人暮らしには贅沢だと考える人も、冷蔵庫の在庫整理と思って、一週間に一度くらいはトライしてみてはいかがでしょう。