エアコンの効きすぎた部屋で体の不調が起こったらまずする事

エアコンの効きすぎた部屋で体の不調が起こったらまずする事

夏の不調の原因はエアコンの効きすぎ

「冷房病」の名前もあるように、エアコンの効きすぎた部屋に長時間いると、体が冷えて血流が悪くなり、だるさ・肩こり・頭痛などの症状を引き起こします。

特に女性に多く見られるのは、いったん冷えると温まりにくい性質を持つ脂肪が男性よりも多いからです。

しかし男性でも、猛暑の外とエアコンの効きすぎた部屋を頻繁に行き来すると、気温差に体がついていかずに不調が起こるようになります。

夏を元気よく過ごすためにも、早期に対策を取る必要があります。

自宅での対策はエアコンの温度調節から

自宅で不調が起こってしまったら、まず設定温度を調節します。標準的な設定温度は25~28度ですが、体感温度は人それぞれ違います。寒いと感じない程度が目安です。

不調が起こったからと言ってすぐにエアコンを消してしまうと、室温が急激に上がり、その温度差で余計に体に負担がかかってしまいます。

エアコンをつけたまま窓を開けて外気を入れると、気温差が少なくて済みます。
また、扇風機を併用してエアコンの冷気を拡散する方法も有効です。

職場では冷え対策グッズを事前に準備

自宅ならまだしも、職場で設定温度を調節するのは難しいものです。温度を上げても、すぐ他の人に下げられてしまうという経験をした人も多いでしょう。

このような場合のために、ショウガ紅茶など体を温める飲み物を常備していると便利です。カーディガンやひざ掛けなどで肌の露出部分を隠すことでも冷えを防ぐ効果があります。

一度冷えによる不調が出てしまうと回復しにくく、その日の仕事に支障が出てしまいます。職場での対策グッズは事前に揃えておくと良いでしょう。

電車やデパートはエアコンの温度が低め

電車やデパートで寒すぎると感じたことはないでしょうか。こうした場所は多くの人が集まり、広い空間を冷やす必要があるため、エアコンの温度が低く設定されています。

長時間通勤やデパート内勤務の人にとってはつらい状況です。

電車では弱冷房車を選ぶこともできますが、デパートではそうした空間はありません。面倒でも、上着を一枚持って出かけることをお勧めします。

小さなお店であれば、お客様の声としてエアコンの温度について提案すると効果があるかもしれません。

エアコンと賢く付き合って快適な夏を過ごす

近年は猛暑日が増え、エアコンを一日中つけっぱなしにすることも当たり前になりました。しかしエアコンの効きすぎによって体に不調が出ると、せっかくの活動的な夏を楽しく過ごすことができません。ときにはエアコンをつけずに汗を流し、身体がもつ体温調節機能を働かせることが重要です。
エアコンが効きすぎていると感じているのは自分だけではないかもしれません。家族や職場の人と話し合ったり、お店に提案したりして、エアコンと賢く付き合う方法を見つけましょう。