少し気にするだけで変わる!「痩せる朝食」のコツ

少し気にするだけで変わる!「痩せる朝食」のコツ

朝食を気にする事で痩せる効果が望める

ダイエット成功の鍵は忙しいからといって朝食を抜かず、痩せる朝食を意識してとる事が重要なポイントになります。

朝はドタバタしていてなかなか朝食の事を気にする暇がないという方も多いかもしれませんが、朝食を抜く人はしっかり朝食を食べる人に比べて太りやすいという研究データも発表されていますから、少し早めに起きてでも朝はしっかり食事をとった方がダイエットに効果的だと言えるのです。

忙しさから朝食を抜く人もいるようですが、朝食抜きは力士が体重を増やすときに行う食事法。空腹時間が長くなると、脳が飢餓状態と判断して体に栄養を溜め込もうとするため、余計に太りやすくなります。

引用:「太りやすい食べ方」になっていませんか?

朝食を食べた方が痩せやすい理由

朝食は脳や体を動かすエネルギー補給のために必要なのはもちろんですが、消化器官の動きを良くしたり体内時計を正常化させるなどのメリットがあります。

朝食を食べて消化器官の動きを朝から良くする事で排便習慣がつきダイエットの邪魔をする便秘解消に効果的ですし、体内時計の正常化は血行を促進して代謝アップにつながります。

また、朝食を抜くと昼食以降に食べ過ぎてしまう事が多いため、これらのメリットがある朝の食事はしっかりとった方が痩せやすいと言えるのです。

ダイエットに向いている朝の食事

痩せる朝食のポイントは主食以外でタンパク質をしっかりとる事です。

アメリカの大学の研究ではタンパク質を朝に30g程度摂取する事で1日のカロリー摂取量が下がり脂肪燃焼効果も上がるという結果も出ているので、タンパク質を多く含む鶏肉・卵・乳製品・大豆製品などは積極的に食べたいところです。

また、腹持ちを良くして血糖値の上昇を抑える食物繊維を多く含む野菜類もダイエットには欠かせないので、朝は主食・タンパク質・食物繊維を特に気にするのが良いでしょう。

痩せる朝食をとる時の工夫について

少し痩せる朝食を気にする事でダイエットの効果を高める事ができます。

朝のフルーツは主食がわりになったり食物繊維やビタミン・ミネラルも多く含んでいるので良いのですが、フルーツを組み合わせてとると、消化スピードに違いが生じて栄養素の吸収を阻害する可能性もあるので、朝のフルーツは一つにしておいた方が良いでしょう。

また、標準体重以下の人は朝はご飯というデータもありご飯が良いですが、パンにするのであれば糖質や脂質が少ないベーグルなどが良いでしょう。

朝食を少し変えるだけで痩せる事が可能

忙しいからといって朝の食事を抜いたりすると太りやすい体質になってしまいますし、少し朝食を気にするだけでも痩せる朝食へと変化させるので意識して朝食を食べる事が重要です。

特に主食以外ではタンパク質や食物繊維をしっかり取る事でダイエットの天敵と言える便秘解消が望めたり、体内時計を正常化させて代謝アップにつながり、痩せやすい体質へと導いてくれるので毎朝意識して朝食をとるようにしましょう。