10年後でも変わらない肌を保つ為の紫外線対策

10年後でも変わらない肌を保つ為の紫外線対策

ずっと美肌でいたいなら紫外線ケアも

もしあなたが10年後もきれいな肌でいたいのなら、今できる対策としては「紫外線ケア」があります。

実は紫外線ダメージは長く肌に残り、ずっと影響を与え続けます。逆に言えば、いまケアをすればしっかり肌に負担をかけず、肌の老化やシミ・シワを防げるかもしれないということでもあるのです。

ではどういうケアがあるのでしょうか。一番は防ぐこと、徹底的に避けることですね。また、適切なケアも大事です。

まずは徹底的に避け、お肌に当てないこと

まず、第一に考えるのが避けることです。これは徹底的に避け、できるだけお肌に当てないことが大事ですね。

このため、一番考えるのが物理的な避け方です。
紫外線は光源となる太陽とその間に何か遮るものがあれば受けなくなり、肌への負担も減るのです。

この場合、道具としては日傘がありますね。また、アームカバー帽子、紫外線カット加工がされているサングラスなども防止のための方法になります。

日焼け止めを使用するのはマスト

次に、こういった物理的に防ぐだけではとても無理な場合、紫外線を防御するための対策としては日焼け止めがあります。

日焼け止めは顔やうなじなど、物理的に防ぐことが難しい場合に使われることが多いでしょう。お肌の上に物理的な防御ができないとき、海で水着になるときや制服などで紫外線を防げないときに使いましょう。

コツはこまめに塗り直すことですね。汗などで流れやすいので、2時間から3時間ほどで塗り直すようにしましょう。

紫外線ダメージは保湿ケアも大事

また、紫外線ダメージを受けたからには保湿ケアも大事です。
これは紫外線によって失われた肌の潤いや、肌の負担を軽減するためのセラミドケアなどがあります。

スキンケアとして化粧水や乳液はもちろん、美容液やボディケアクリームなどを使い、体全体をケアしてあげましょう。

保湿ケアに関しては普段使っているもので構いませんが、できるだけセラミドやビタミンなどが豊富に入っているもののほうがケア効果も高まります。

滋賀伊勢ケアは10年後のお肌を左右する

このようなケアは、実はあまりすぐに効果が出るものばかりではありません。10年後のお肌のための対策なので、今はまだ重要ではないと考える人もいるでしょう。つい手抜きになることもありますよね。

けれども10年後にきちんと対策をしているかどうかによって、全く肌の状態が違ってくるのも確かです。老化現象を防ぎ、10年後も20年後もきれいな肌でいるためには、なるだけ紫外線対策はしっかり行っておきましょう。