ストレスは秋で解消!健康管理が出来る3つの「秋」

ストレスは秋で解消!健康管理が出来る3つの「秋」

夏の暑さが過ぎると心地よい季節がやってきます。

しかしこの時期は、夏バテを引きずって体調を崩している人や、入社・入学から半年が経って張りつめていた緊張が解け、今まで気づいていなかったストレスを感じている人もいるでしょう。
せっかくさわやかな季節を迎えるのですから、心と体に溜まったストレスを解消してリフレッシュしたいですよね。

ここでは、秋にぴったりの習慣を通して心身ともに健康になる方法をご紹介します。

疲れた体を癒すには「食欲の秋」

季節の変わり目に体調を崩す人は多く、特に秋は顕著に見られます。
原因は夏の生活習慣にあります。

一日中エアコンをつけていると汗をかく機会が極端に少なくなり、体温調節をつかさどる自律神経が乱れます。自律神経が回復しないうちに朝晩の寒暖差が大きくなると、体にとって大きなストレスになり、体調不良を引き起こすのです。

夏に失われた体力を取り戻すには、スープのような温かい食べ物がお勧めです。
ニンジンやレンコンなどの旬の根野菜を使うと体が温まります。

日常から離れて心を癒す「芸術の秋」

この時期は新入生・新人社員も新しい環境に慣れて、入社以来の緊張感も解けて心に余裕が出てくる頃です。すると人間関係生活リズムなどで今まで気づいていなかったストレスを自覚するようになります。

こうした心のストレスを解消するには、日常生活から離れて心を解放させることが有効です。
美術館で名画を鑑賞したりコンサートでクラシックを聴いたりするなど、普段の生活では接しない世界を体験してはいかがでしょうか。

心も体も軽くなる「スポーツの秋」

食事で体力を回復し、芸術で心を癒した後は、スポーツを楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポーツクラブに通ったり、ジョギングウォーキングをするのも良いでしょう。
体力づくりになるとともに、スポーツ仲間との交流で心のストレスも発散できます。

運動が苦手な人ならスポーツ観戦がお勧めです。
ただ観ているだけでも、試合にのめりこんでしまえば、かなりのストレス解消になります。ファン同士の交流も楽しめます。
スポーツは心も体も軽くするのに有効な手段です。

心も体もリフレッシュして秋を迎えましょう

ストレスは知らず知らずのうちに溜まっていき、気づいたときにはその重さに耐えられなくなってしまうことすらあります。大事に至る前に、常に自分の心と体に問いかけることが大切です。

ここでは食事、芸術、スポーツに注目して心身のストレスを解消する方法を述べてきましたが、「〇〇の秋」と呼ばれる習慣はまだたくさんあります。

自分にぴったりの習慣を見つけてストレス解消に役立て、快適な季節を迎えましょう!