6歳も老ける!?疲れ目を徹底的にケアする方法

要注意!スマホの使い過ぎで起こる体の不調

疲れ目は見た目も老ける原因になる

多くの人が感じているのが目の疲れで、疲れ目によって目元のシワを増やす原因になります。
デスクワークをしている人の場合は長時間のパソコン作業でまばたきの回数が減り疲れ目になり、涙が蒸発しやすくなっています。

涙が蒸発しやすくなると目の乾き見た目が老けることに繋がり、ドライアイになって目が疲れやすくなることで目元のシワも増えていきます。

目の疲れを感じたときには対策を行って、疲れ目やシワの原因となるドライアイにならないようにすることが大切です。

目元が老ける原因はドライアイの進行

現代ではインターネットの普及と共にパソコンやスマートフォンの画面を見る機会が多くなり、目元が乾燥しやすくなっています。

コンタクトレンズの使用者も増えて、特にソフトコンタクトレンズは涙の蒸発を加速させやすいため、目元が老ける原因になったりドライアイになります。

さらにアイラインなど化粧品の油分で、涙を分泌する腺が塞がれています。
様々な要因が重なることで目元が老けることになり、疲れ目や老けることになっていくのです。

異変に気が付いたら疲れ目のケアは早めに

ドライアイになると目の表面の角膜が傷つきやすくなり、乾燥が加速すると痛みを感じることもあります。

まずは涙に近い成分を使っている目薬を差してケアをし、乾きを緩和させるようにします。
緊張状態になると血行不良になり涙が分泌されにくくなるので、ホットタオルで目元を温めてケアをすることも大切です。

異変に気が付いたときには早めにケアをして、これ以上シワや疲れ目を進行させないようにします。

疲れ目や老けることを予防する乾燥対策

パソコンの作業に集中してまばたきを忘れてしまうときには、意識的にまばたきをします。
画面を凝視して作業してしまうので無意識にまばたきの回数が減り、涙が不足して乾燥します。

目を見開かないようにするためには椅子の高さを調節して、画面を見下げるようにすると自然にまばたきをすることが出来ます。

乾燥しているオフィスで働いているときも目が乾燥しやすくなっているので、加湿器で潤いを補うようにして疲れ目を予防します。

疲れ目のケアを行って老けることを避ける

夜の寝る前に見るスマートフォンは眠りを阻害するだけでなく、目の疲れが取れなくなります。
端末が発する光は朝の光と同じ波長なので、夜に見ると眠りのリズムを崩してしまいます。

また身体をきちんと休ませることが出来なければ老ける原因にもなり、シワや目の疲れを取ることが出来なくなるので寝る1時間前は画面を見ないようにします。

ソフトコンタクトレンズを使っている場合は防腐剤が使われていない目薬を差して、乾きを防ぐようにします。