今年は冷え知らず!足湯と靴下で試してほしい”冷え取り健康法”

今年は冷え知らず!足湯と靴下で試してほしい”冷え取り健康法”

冷え取り対策には足湯と靴下が効果的

女性は冷え性で悩む人も多く、気温の高くなる夏場でもエアコンの部屋に居ると指先が上手く動かせない位に冷えてしまう人もいます。

冷えは万病の元と言われており、早めの対策が必要ですが、何から始めたら分からないという人も多いようです。

体を温めるには食事メニューに気を使い、食材などを上手く活用することで改善できますが、自炊が難しい人も多いのでその場合は足湯や靴下のように気軽に試せる方法が有効です。

足湯で全身の血行改善を図って改善

冷え取りには血行改善が必要不可欠です。冷え性を抱えている人の多くは貧血や低血圧に悩まされており、全身の巡りが悪くなることで症状が悪化します。

簡単に足先の冷え取りを行って血行を改善するには足湯が効果的です。
足の先の方だけでも十分に効果がありますが、できれば第二の心臓と呼ばれるふくらはぎまで入る器を用意します。

40度前後のぬるま湯を利用し、エッセンシャルオイルなどの香りでリラックス効果を得ることもできます。

足湯を更に効果的にするためのコツ

冷え取りのために足湯を行う場合、更に効果を高めるためにできる工夫があります。

例えば、冷えやすい時間帯を自分で調べ、その時間帯に積極的に行うようにしたり、血行改善の効果をアップさせるために事前に足先からふくらはぎまでを揉みほぐしておくことも大切です。

手でマッサージをすると凝り固まっている部分を柔らかくすることができ、血液やリンパ液の流れも整いやすくなりますのでお勧めです。

冷え取りは靴下を利用して行うことも可能

冷え取りは対策は様々なタイプの靴下を用いて行うこともできます。

保温性のあるシルクの靴下を利用すればはくだけで冷え取りを行うことができ、体内の毒素を吸い取って排出する働きも期待できます。

冷え取り対策の場合は靴下を重ねてはくこともありますが、最初の1~2枚は5本指靴下にすると更に効果はアップすると言われています。生地の性能を考えた場合、シルクと綿を交互にはくのが理想的です。

手軽に利用できるもので冷え取り対策

冷え取り対策を行う場合、日常の手軽に利用できる物でなければ続きませんので、取り入れやすい方法を自分なりに探すことが大切です。

一般的にたくさんの人に実践されている方法は続けやすいタイプに入りますので、評判の良いものは取り入れてみるようにします。

その中でも足湯や靴下は冷え取り対策の代表的なものであり、多くの人に利用されています。継続すれば冷えによる不快な症状に悩まされなくなります。