フケが出る原因と防止法

頭がかゆいと、手の爪などでかきむしってしまう方もいるでしょう。
ですがそのようなことをすると、フケが落ちたり、また爪の隙間についてしまいます。

フケが出る原因とは?

このフケはどうやってできていいるのか不思議に思う方もいるかもしれません。

毎日シャンプーをして頭皮の状態は清潔にしているはずなのに、どうして、フケがでるのかというと、ターンオーバーによって、古くなった肌の角質が剥がれて出てくるものです。

そのため、ある程度でることは仕方ないですが、多く出てしまう場合には、なんらかの原因があることも考えられます。

肌のタイプによる違い

地肌がべたついている方や乾燥している方などでも、多少の違いがあります。

地肌がべたついている方は、生活習慣などの乱れにより、ホルモンバランスが崩れ、皮脂の分泌過多の状態になりやすく、それが原因になり多く出てしまうことがあります。
また、頭皮が乾燥している場合でも、フケがでやすくなることがあります。

フケを防ぐには洗髪が重要?

これを防ぐための防止法としては、洗髪がとても重要です。

洗髪をすることで、頭皮の汚れ余分な皮脂などを洗い流すことができます。シャンプーを使い、汚れを落としやすくするのも、それなりの効果があるでしょう。

ですが、汚れを落としたいからと過度に洗いすぎてしまうのは、頭皮環境を荒れさせてしまう原因になります。

実は必要な皮脂もある!?

皮脂は本来、肌を守る役割がありますが、余分な皮脂は、毛穴を詰まらせる原因にもなります。
そのためある程度皮脂を洗い流すことは、頭皮環境をよくするためには必要なことです。

ですが、清潔にしたいからと一生懸命に洗いすぎてしまうと、今度は、頭皮を守るために必要な分の皮脂までも洗い流してしまうため、そのような状態になると、外部からの刺激に頭皮が弱くなり、頭皮が荒れやすく、頭皮の乾燥などが悪化してしまいます。

また、頭皮に皮脂が少ないと体内が認識してしまうと、それ以上に皮脂を分泌することもあり、そうなると、皮脂の分泌量が通常よりも多すぎる状況になってしまいます。

皮脂の分泌量のバランスが崩れることで、頭皮環境が乱れてしまい、抜け毛増加やフケなども余計に出てしまう結果になりかねません。
そのような事態にならないように、洗髪をする際には、適度に汚れや皮脂などを洗い流すことがもっとも重要だといえるでしょう。

また、シャンプーなども、自分の地肌に合わない場合には、刺激の少ないタイプのシャンプーに買い替えてみるのも、頭皮環境を整えるためには大切です。