素顔を活かしたナチュラルメイクは美肌作りから!

素顔を活かしたナチュラルメイクは美肌作りから!

まるでメイクをしていない?重要なのは美肌

ナチュラルメイクとは、まるでメイクをしていないかのようなメイク、あるいは控えめながらも手がこんだ華やかではなくシンプルなメイクのことです。

このナチュラルメイクを成功させるためには、素顔の段階からある程度美しさが重要です。特に大事なのが美肌ですね。

肌をきれいにしておくと、ベースメイクが濃くならずメイクが濃いというような印象をあたえることが減ります。ナチュラルメイクのためには美肌が重要です。

自然なメイクにはベースの美しさが重要

ナチュラルメイクとは、自然なその顔の美しさを活かし、その美しさを引き出すためのものです。

このメイクですが、基本的にそんなにつくりこまず、あまりシンプルになっていることも少なくありません。

加工するようなノーズシャドウなどもなく、かなりシンプルながらもきれいな肌を作り上げることができるでしょう。

この自然なメイクの美しさですが、最も大事なのは素顔の段階でどのくらい美肌か、ということです。

素肌が美しいとナチュラルメイクも成功

美肌とは、単純に肌トラブルや汚れなどがなく、肌の状態が良いことを指します。このため、素顔ではなく顔の質や肌の状態が良いこと、特に肌の汚れは気にしなくてはなりません。

素顔とは全くメイクをしていない状態で、このときに目鼻立ちはあまり問われません。

むしろ重要なのは肌の状態がきれいなことで、毛穴やニキビ、肌の赤みなどがないことが重要なのです。このため、日々のスキンケアはとても重要です。

素顔を活かすことできれいになる

もし肌トラブルがある場合は、化粧下地やコンシーラーなどでしっかり肌トラブルを隠さなくてはなりません。

また、ファンデーションで少し透明感があり健康的でナチュラルなお肌を演出することが重要になるのです。
このときに隠そう隠そうとして色々重ねてしまうと、素顔の透明感などが失われてしまいます。

ベースメイクに関しては、ナチュラルメイク用の透明感のある素肌を演出するようにしましょう。必ずコスメごとの相性なども重視する必要があります。

素顔を美しくする努力も忘れないで

ポイントメイクについてはベーシックで華やかではないものの、それぞれのパーツを活かすということになりますね。大きく見せたり印象をよく見せるということを心がけましょう。

素顔から大きくかけ離れないのがナチュラルメイクの良さでもあります。
ただし、素顔の段階で肌荒れなどがあると、ナチュラルメイクの美しさも半減してしまうでしょう。

素顔の美しさを活かすのがナチュラルメイクのコツなのですから、そこは重視したいところです。