食生活の選択が「がん予防」に繋がる

食生活の選択が「がん予防」に繋がる

がん予防につながる食生活を選択すること。

昔と比べて日本人の食生活が欧米化になるにつれて、がんを発生する率も高くなってきており、がんの種類にも変化が生じてきています。

日本人のがんと言えば、昔は胃がんがトップに挙げられていましたが、最近では大腸がんが増えてきているようです。食生活の変化が一つの要因と言えるのではないでしょうか。

がん予防につなげるための私たちの食生活をどのように選択していくべきか、真剣に考えてみましょう。

日本人の食生活の変化について知る。

戦前の日本人は、粗食の生活を送ってきており魚を食べることはあっても、肉を食べる習慣はほとんどありませんでした。

戦後、高度成長期となり少しずつ欧米の食事が導入されるようになり、日本人の食生活に変化が生じてきました。

魚より肉を食べることが増え、欧米化の食生活を送ることにより私たち日本人の身体に様々な変化が生まれています。

欧米化の食事や環境を選択し始めたことにより、身体が欧米人と同じように身体が長くなり、身体も大きくなりつつあります。

がん予防のための食生活について

欧米化の食事が進んだことにより、がんも増えてきているようです。日本人の腸は欧米人よりも長く、消化に時間がかかると言われています。

よって、肉を食べ過ぎると野菜や海藻よりも消化に時間がかかり、大腸がんになる人が増えています。では、がん予防のためにどのような食生活を送ればよいでしょうか。

それは、やはり古来の日本人の食生活に戻り、できるだけ野菜や海藻中心の食事を選択し、身体の掃除をしてあげることが必要です。

がん予防のためにするべきこと。

がん予防のために、食生活を見直すことが第一ですが、あとは適度な運動をすることです。
便利な世の中になってきたことで、身体を使うことが減ってきています。

ちょっとそこまでの距離でも、車を使ってしまうことも多いと思いますが、なるべく自分の足で歩く習慣をつけて健康に保つことが必要です。

そして、何より定期的に健康診断を受けることで、自分の身体に変化がないか確認してもらうことも大切です。

食生活の選択と運動をすること。

まとめると、がん予防のためには規則的な食生活を選択して、適度な運動をすること、この二つが重要なポイントとなります。

がんは遺伝すると言われているのは、家族であれば同じ環境で生活し、食生活もほとんど同じなので、同じようながんを発症する率が高いためです。

家族ががん家系であるということは、食生活も似ているということ念頭に、食生活と習慣について見直してみましょう。今からでも遅くありません。