内臓不調による肌荒れを防ぐための食事療法

内臓不調による肌荒れを防ぐための食事療法

肌荒れの原因は胃腸などの内臓の不調が原因

肌荒れで困っている方、原因はわかりますか?

化粧品が肌に合わない、もともと敏感肌なので仕方がない、冬など乾燥によるもの、アトピー性皮膚炎など色々ありますが大元の原因は実は胃や腸などの内臓が弱っているからなのです。

体の中は正直で何か不都合があると体外にサインを出します。
ですから、内蔵で起こっているトラブルを解消すれば見る見るうちにお肌はつるつるになります。

ここでは、内蔵不良を改善する食事療法をご紹介します。

便秘を解消して内臓を元気にする食事療法

たいていの方はすでにご存じだと思いますが便秘だと肌荒れを起こします。腸に溜まった便から出る毒素がお肌に出るからです。

その便秘を解消するには食物繊維を多めにとることです。
食物繊維は、サツマイモやゴボウやレンコンなどの根菜に含まれていますのでよく噛んでお召し上がりください。

また、1日2リットルほどの水分を取るようにすればさらに効果的です。果物も効果的でバナナは特におすすめです。

善玉菌を増やして内臓を元気にする食事療法

内臓で重要な腸に棲む善玉菌が優位にある状態が理想で体内に取り込まれた栄養素を吸収して不要な老廃物を排出する働きをします。

ところが、何か不都合が起こって悪玉菌が優位になるとたちまち善玉菌の働きが弱まるので栄養素が吸収されずに老廃物が溜り毒素が血液によって全身を巡るので体調不良となり肌荒れが起こります。

ですから、乳酸菌を摂り入れることにより善玉菌が優位に立ちます。
ヨーグルトや味噌や納豆などの発酵食品がおすすめです。

ピロリ菌を抑制し内臓を元気にする食事療法

胃もたれや胃が痛いと肌荒れを起こします。口の周りにできものができるのもその一つです。内臓が悪いとよく言います。

胃の不調の原因はピロリ菌にある可能性がありますのでそのピロリ菌を抑制する食品を摂取するようにします。乳酸菌やココアやマヌカハニーが効果的です。

これらは、抗菌作用があり胃の中でピロリ菌を攻撃します。また、マスティックガムや胃の調子を整えるサプリメントの服用も効果的です。

食事療法は肌荒れ対策に最も有効

肌荒れの原因はすべて内臓の不調にありますので、上記で述べた食事療法を実行されれば必ず内臓は元の調子に戻り肌荒れが解消できます。人間の体は内臓が基本です。

目に見えないので部分なので暴飲暴食などの無茶はしないことです。
残念ながら効果が現れない時は、他の病気が疑われますので早めに医療機関を受診されることをお勧めします。

たいてい塗り薬を処方されますが、あくまでも応急処置にすぎませんので再発の可能性があることを心おきください。