ダメージに負けない肌本来の力を呼び起こす美容術

ダメージに負けない肌本来の力を呼び起こす美容術

肌に必要なのは最低限のスキンケア

心身にかかる適度なストレスやプレッシャーにやる気を高める効果があるように、肌本来の力を高めるにはある程度の刺激が必要になります。

肌荒れやニキビなどのトラブルを気にしすぎて過剰なスキンケアをしてしまうと、肌が持つ機能がうまく働かなくなってしまい、打たれ弱くてすぐにダメージを受けやすい過保護な肌になってしまいます。

そこで、健康的な肌に導く効果のある美容術で、肌本来のパワーを最大限に引き出しましょう。

保湿対策で肌バリア機能を整える

肌の乾燥がひどくなると、角質層が荒れて空間が多い状態になるので、外部からの異物が侵入しやすくなり、内部からは水分が出ていきやすくなってしまいます。

すると肌を保護しようとして皮脂が増えるため、酸化により毛穴の黒ずみやニキビなどのダメージを発生しやすくなります。

皮脂分泌が少ない場合には、角質が厚くなって手触りが悪くなり、くすみやシワなどを招く原因になるので、セラミドを使った美容術で水分に満ちた角質層を作って肌バリアを回復させましょう。

代謝の正常化で肌本来の機能を取り戻す

肌本来の機能を高めるには、ターンオーバーのサイクルを整える必要があります。

周期は年齢によって個人差がありますが、肌細胞が若いほど周期が短く、年齢を重ねるほど長くなります。

この周期は短すぎても長すぎても肌本来の力が弱くなってしまうので、ダメージを受けない肌を作るには、ターンオーバーの周期を整える美容術を利用します。

睡眠不足や栄養の偏りは代謝を乱す原因になるので、生活サイクルを見直すことも大切な美容術の一環になります。

紫外線ダメージを防いで光老化を撃退

紫外線はさまざまな老化現象を引き起こし、機能が弱った肌は活性酸素によるダメージを受けやすくなります。

紫外線対策では、潤いを補給しながら活性酸素やメラニン生成を抑える効果のあるスキンケア製品で、肌本来の活力を高めましょう。

ただし美容成分に頼り切って、たくさんのスキンケア製品を使う美容術ははおすすめできません。栄養を与えられることに慣れてしまうと、ダメージに対して肌が鈍感になってしまい、栄養補給を待つだけのダメな肌になってしまいます。

3つの美容術でダメージに強い肌を作る

肌本来の機能向上には、十分な保湿と紫外線対策をして、細胞をダメージから守ることが大切です。

水分量が整ってバリア機能が回復してくると、ターンオーバーが正常化してくるので、次第にダメージに負けない肌が育ってきます。

保湿と紫外線対策、ターンオーバーを整えるという3つの美容術により、外部からのダメージを受けない強い肌が育ち、毎日のスキンケアに時間と手間をかけなくても、健康な状態がキープできる肌になっていきます。