脱毛が原因で起こってしまう肌の病気

脱毛が原因で起こってしまう肌の病気

脱毛で肌の健康が損なわれることも

脱毛の中には永久効果が得られるものもあり、一時しのぎの方法で行うよりも肌を健やかに保ちやすくなっています。

ただし、誤った方法で処理を行ったり肌のコンディションが思わしくない時に強行してしまうと、その後に明らかな肌トラブルが表れてお手入れが大変になる可能性もあります。

健やかな状態を維持するためには、肌に負担をかけない方法を選び、正しい脱毛処理を実践しなければなりません。

よく聞くトラブルである毛のう炎とは

脱毛後のトラブルとしてよく聞くワードに毛のう炎があります。

毛のう炎は毛包部分がブドウ球菌に感染して引き起こされる皮膚炎であり、毛包から毛根を抜き取る際にバイ菌が入り込んでしまうのが主な原因です。

不衛生なまま脱毛処理をしてしまったり、肌がジメジメとしていると発症しやすくなります。

軽度の症状なら赤みやブツブツが表れるだけで痛みは伴いませんが、大きくなると痛みが出てきます。

生成されたメラニン色素が原因で色素沈着に

脱毛により皮膚が刺激を受けると、肌中のメラニン色素が増えて排出が追いつかなくなり、色素沈着として残ってしまうことがあります。

肌は常にターンオーバーを繰り返していますので正常な範囲のメラニン色素ならスムーズに排出されますが、過剰に生成されると排出のスピードが追いつかなくなります。

脱毛の際にはできるだけ刺激を与えないようにすることが重要であり、既に色素沈着になっている部分は紫外線を浴びないように気をつけます。

見た目も気になる埋没毛の対処法

脱毛後のトラブルの中で、自己処理を行った場合に多いのが埋没毛です。ムダ毛を抜く時に途中で切れてしまい、そのまま皮膚の下で伸びてしまう症状ですが、無理やり取り出そうとすると皮膚を傷つけて色素沈着が起こりやすくなります。

また、そのままにする場合でも自然に分解されて目立たなくなれば良いのですが、毛のう炎につながるケースもあります。

自己処理をする場合は切れ毛にならないように気をつけ、できるだけ永久効果のある方法を選択することが大切です。

原因を知ることで脱毛時のトラブルに対処

脱毛時には様々な肌トラブルが起こりますが、発症する原因はそれぞれ異なります。

どのような原因でできてしまうのかを知ることができれば、大半は避けられます。

また、万が一トラブルになっても、原因に合った対処法を知っておけば正しいケアを実践することができますので、早期の回復が期待できます。

現在行われている方法の中で肌に優しいのは永久効果の得られる方法であり、良いコンディションを維持することが容易です。